jh4ouhのblog

アマチュア無線、山歩きなどを趣味しています。ぜひご意見ください。

(^^)/オール九州コンテストにJCC4020から参加【JA6EFA/6】
毎年このコンテストは、6エリア内に移動し参加しておりますが、今年は22日が平日で仕事のため、あまり遠くに移動できないことから、中間市の遠賀川河川敷から運用しました。ここは、海抜がほぼ0mですが、広いの駐車場があり、1.9Mのアンテナも張れそうでした。
現地に到着したのはコンテスト開始直前でしたが、早速最近入手した3.5M用のスローパーを6mの高さに設置。調整に手間取り開始から既に30分が経過してやっと運用開始。このアンテナは米国のメーカー製の短縮タイプで、全長12m程度と設置は楽なのですが、SWRの調整に苦労しました。事前の確認ではエレメントをかなり継ぎ足して3.51M付近でSWR1.2程度でしたが、この日はSWRがかなりふら付き安定しません。試行錯誤の末、アンテナチューナーのアース端子と車のボディーをクリップで接続、マニュアルのアンテナチューナーを介してやっと電波が出せました。当然、フルサイズと比較して性能は相当落ちます。また、都市ノイズが多く受信に苦労しました。
そんな中、2時間余りの運用で61QSOは適当な成果ではないでしょうか。
短時間の使用での感想ですが、なんとか実用にはなりますが、LWと同程度の性能かと思います。同程度の投資なら短縮型のダイポールの方が扱いやすいのではないでしょうか。メーカーの推奨通り、タワーから45度の傾斜で設置、地上高も10m以上なら本来の性能を発揮したことでしょう。
翌日の23日は、スローパーを下ろして7/21M・14Mのツエップを設置。さすがに7Mは参加局が多く、適当に呼ばれましたが、コンディションはそれほど良くないと実感しました。14Mは午前中1エリア以東が開けましたが、続けて呼ばれるというほどでもなくやや寂しい限りでした。昨年オープンした21M以上のバンドでは1局もできませんでした。今回の運用地は、川底のような場所だったことで、期待できない50/144Mは運用しませんでした。QSO頂いた各局に感謝します。
PB063002

阿蘇の2座下山後、内牧温泉で一服、せっかく来たので近くから全市全郡コンテストに参加しました。
このコンテストは24時間ですが、早めに帰る予定だったので、430Mシングルバンドでの参加に。
【運用地】私の居住地である山口県内で、強力な電波が聞こえていたことから、安心して移動運用できそうな阿蘇大観峰から参加しました。ここには、売店やトイレもあり多くの観光客が昼夜を問わずやってきます。夜中もかなりうるさく、安眠はできませんでした。
【設備】
今回使用したアンテナは、昭和の終わり頃、移動運用に使用していたマスプロウエーブハンターで、久しぶりに倉庫から出しました。当時、このアンテナを持って良く萩市内の日尾山に移動運用していましたが、当時は日本海ダクトで7・8アリアとも多数QSOできていた実力のアンテナです。今回は、2セット保有していたので、スタックで使用しました。小型軽量で、スタックでもとても扱いやすいのが良いです。設営までの時間は20分程度で、工具は不要です。
【結果は】
さすがに、6エリアの430Mは閑散としており、CWではほぼ運用している局はいませんでした。
それでもCQの連呼で、6エリア内の4局がやっとでした。
また、FMでは42、44、46、43、33のマルチが確認できました。やはり、山口県内はモービルホイップで運用している局など良好に聞こえました。
50Mも、HB9CVを上げて運用しましたが、閑散としておりました。QSOできたのは、21・27・31・39・43・44のマルチでした。(三重県は有名なビッグガンですが、耳の良さに脱帽)
PA102983

今回は秋晴の中、九州百名山である阿蘇外輪山の2座に登ってきました。
㉝俵山1095m
俵山は阿蘇五岳には属していませんが、登り易く景色が良いので人気の山です。登山口は南阿蘇村俵峠702m。ここには広い駐車場、トイレ、展望所などがあり多くの観光客が訪れるます。
駐車場から少し登ったところに展望所と東屋があり、その西側の草原の中の登山道を登っていきます。頂上までの標高差は400m弱ですがきつい登りです。途中、5合目付近に一般コースと迂回コースの分岐がありますが、丁度出会った登山者の方に聞くと一般コースは荒廃しているので迂回コースを勧められました。しばらく緩やかな山道を歩くと、展望が開け尾根に出ます。この付近からやっと山頂が見えてきます。山頂までは急登を一気に登ります。登山口から65分で山頂でした。
山頂からは、目の前に阿蘇の烏帽子岳、中岳・高岳・杵島岳が、遠くに久住の山々が、西方面は天草、雲仙まで見渡せました。下りも同じコースを。
登り65分、下り45分
下山後、鞍岳登山口を目指しました。
㉞鞍岳1118m
今回は、阿蘇スカイラインから阿蘇牧場の中の農道を登山口を目指します。途中、ツームシ山登山口がありますが、そこからさらに5分程度西側の第2駐車場に駐車しました。第1駐車場は未舗装ですが、第2駐車場が舗装されていました。(トイレなどない)第1駐車場の登山口には案内板があるので、少し歩いてここからスタートしました。山頂までは、はっきりした登山道で、歩き始めて15分程度で開けた尾根に出ます。さらに5分弱で標高1116mの山頂です。山頂からは俵山同様、久住、阿蘇の山々、雲仙などよく見えます。俵山からは見えなかった根子岳も見えました。
山頂からは144Mを短時間運用、久留米市の固定局と広島の廿日市市の山岳移動局とQSOできました。山頂からはツームシ山を縦走し、駐車場に戻るルートを予定していましたが、今回は暑さに負けて同じルートで下山をしました。鞍岳は最も短時間で登れる阿蘇の山ではないでしょうか。
上り20分。下り15分

202110鞍岳・俵山 (4)
俵山山頂
202110鞍岳・俵山 (33)
鞍岳山頂
202110鞍岳・俵山 (16)
俵山山頂から久住方面

【㉚九州百名山多良岳996mに登りました】
多良岳は多良岳山系を代表する山ですが、山頂からは眺めが良くないため、登山者は少なめでした。
山頂は佐賀県と長崎県の県境ですが、登山口は長崎県側の金泉寺登山口。佐賀県側から行く場合、鹿島市から太良町に伸びる多良岳オレンジ海道(有明海の眺めが良い)で諫早市山茶花高原パークに。ここから林道(2021.9.20再開通)を15分くらいで標高720m余りの金泉寺登山口に。車は10台くらい停められそうでした。
ここからは岩がゴロゴロの山道を歩きます。約20分で金泉寺に通じる林道に合流。林道を200m登ると右側に標識があり多良岳方面に。山頂までは歩きやすく、山道を15分程度で山頂に到着しました。山頂からさらに登山道が伸びており舞岳を越え、先の林道にも出れます。
多良岳山頂は、多良権現の祠などがありますが眺めは良くありません。
一息ついたのち、同じ道を金泉寺まで下山。15分で金泉寺に着きます。ここには、簡易宿泊施設・売店・トイレなどがありました。
【㉛九州百名山経ヶ岳1076mへ縦走
金泉寺から経ヶ岳を目指すルートは複数あり、多くの登山者に出会いました。金泉寺で簡易な地図とアドバイスを頂き、北方面に歩きます。最初から岩がゴロゴロし、かなり歩きにくい道でした。西岳963mを経由するコースもありますが、10分程度余分に歩くことになります。途中、中山越まで65分、八丁谷分岐を経由し平谷越まで30分、そこからは、かなり険しい登りの鎖場を何カ所か超えると30分弱で山頂です。山頂はさほど広くありません。さすがに佐賀県の最高峰でほぼ360度の絶景です。山頂からは、背振山系、有明海、雲仙、大村湾などが良く見えます。地元の登山者によると、条件が良いと宇土半島、平戸方面も見えるそうです。
帰路は、同じコースを。金泉寺までは1時間45分、登山口までは15分。
山頂からは144Mを運用、有明海に面した熊本、佐賀、福岡県および長崎県内一円の局が良く聞こえていました。4エリアは山口県内の移動局が1局だけ聞こえました。
金泉寺登山口~35分~多良岳~15分~金泉寺~1時間55分~経ヶ岳~1時間45分~金泉寺~15分~登山口

202109多良岳経ヶ岳 (4)

多良岳山頂(ガスがかかってました)
202109多良岳経ヶ岳 (19)

経ヶ岳山頂(佐賀県の最高峰)
202109多良岳経ヶ岳 (16)

大村湾方面

【2021年フィールドディーコンテストに参加しました】
今年も、3年連続でJCG33003大島郡嵩山に移動しました。
SNSでインスタ映えすると有名になった、山頂のパラグライダー滑走路は立ち入り禁止で閉鎖されていました。それでも、コロナ禍にも関わらず多くの県外ナンバーの車がひっきりなしに登ってきました。
中には、立ち入り禁止内に侵入して撮影している不届き者も見られました。
さて、FDコンテストですが、今回から開始時間が21時に変更になったため、ゆっくり設営できました。144MHZは30年前のマスプロ製の10エレスタック、サブで144/430用サガ電子アローライン。
コンテス開始直後から聞こえる局は疎らでしばらくは呼びに回り方がメインに。CQを出すも局数は余りの伸びません。土曜日は午前0時半まで運用、20局を少しを超えた程度でQRT。
翌日は、朝日を拝んで(雲海がきれいでした)06時前から運用開始。3・2エリアが結構よく聞こえましたが、こちらの信号をなかなか拾ってもらえません。また、毎年できる9エリアは0局に終わりました。430MHZはアローラインで運用しましたが、19局と昨年から大幅に増加しました。(09・23・27・31・34・35・36・37・40・44・45) 今回は、コンディションがあまり良くなかったこと、開始時間が変更になったことが影響したのか参加局が少なかったようでした。日曜日は11:00まで運用し早めに撤収しました。
結局、今年は50MHZのアンテナを持参していましたが運用しませんでした。
QSO頂いた各局に感謝します。
【交信できたマルチ】
09・19・20・21・22・25・27・31・33・34・35・36・38・39・40・44・45(昨年は24マルチ)
45は貴重!
①運用地

202108FDtest (9)
②山頂からの雲海
202108FDtest (2)

↑このページのトップヘ