jh4ouhのblog

アマチュア無線、山歩きなどを趣味しています。ぜひご意見ください。


10/12~10/13全市全郡にJCC4411大分県杵築市から参加しました。
台風19号の影響で、山口県内でも強風が吹いていましたが、6エリアはさほど影響はないようでした。
運用地は、標高380mの9合目付近の広い駐車場。トイレも水もあり快適な運用ができます。
21時から一応運用開始しましたが、常連を含め運用している局はほとんどいません。
144MHZのFMや、50MHZSSBでは数局聞こえていましたが、JARLの4大コンテストとは思えない状況でした。12日は結局、2230には運用を止め就寝に。
10/13は朝から快晴です。07時過ぎから運用を開始。運用局は少ないものの時々呼ばれる程度です。
何故か、09時台に一瞬1エリアが聞こえました。
余りに参加局が少ないので11時前にはQRT。
撤収後、国東半島の山登りに。今回は、山登りがメインでした。(詳細は別記)
交信できたマルチ】
3911/38001/3603/2522/3316/4401/1203/29002/2003
【当日の設備】
50M=2エレHB9CV&スクエアロー
144/430用=アローライン
PA130757


防府市矢筈ヶ岳460
10月になったのに夏日が続いています。それでも、絶景を求めて防府市の矢筈ヶ岳に出かけました。
この山に登るのは、1年振りですが、前回はあまり好天ではなかったこと、無線機を持参しなかったため、再度のチェレンジです。
登山口は、防府バイパスから敷山城跡の標識に従い狭い舗装路を道進、5~6分程度で行き止まりの登山口に。ここからいよいよ山道です。10分ほどで防府市の史跡「敷山史跡」に着きますが、ここが山城であったことは想像できません。さらに急登を15分程度で巨岩のある展望所に。標高は山頂より30m程度低いものの絶好のロケーションです。当日は、天気が良く九州方面(国東半島~中津~豊前)、かすかに、別府鶴見岳も見えていました。東は上関沖の祝島から四国佐多岬まで見渡せます。三角点は、ここから10分弱のところにありますが、展望はほぼありません。少し下ったところから南の周防灘が見えます。

登り:35分(登山口~10分敷山城跡~15分巨岩~10分山頂)
下り:25分
山頂から、144MHZを運用
JA4BEV、JA4RAD(20年振り?)JH4SXA (VX1 100mwでQSO) TNX
201910矢筈ヶ岳 (8)
201910矢筈ヶ岳 (2)
201910矢筈ヶ岳 (11)


山口市火の山303m
9月前半の3連休は全てが夏日。それでも、猛暑を覚悟で山口市の火の山に出かけました。
この山に登るのは、20年振りで当時家族で登った記憶があります。今回も、当時の記憶を頼りに、秋穂二島の華光寺登山口から山頂を目指しました。寺の境内に車を停め、民家の庭先のような登山道を歩き始めます。標高が低いわりに岩場が多く、鎖やロープの助けを借りて標高を稼ぎます。途中に標識はないものの、テープが随所にあり迷うことはありませんでした。山頂は、北側を除いて西~南~東方面の270度の絶景。天気が良く九州方面(国東半島~豊前・行橋あたり)、東は上関沖の祝島まで見渡せました。別府鶴見岳?もかすかに見えていました。なお、セミナーパークからの登山道もあります。
登り:30分
下り:25分
山頂から、144MHZを運用
JJ4DQY、JJ6AIK/6、JH4SXA(VX1 100mwでQSO) TNX

201909山口市火の山 (12)201909山口市火の山 (7)


↑このページのトップヘ