jh4ouhのblog

アマチュア無線、山歩きなどを趣味しています。ぜひご意見ください。

2019年長崎コンテストに参加
平戸からそのまま帰るのももったいないので、長崎コンテストに参加しました。運用地はJCC4208松浦市鷹島です。3.5MHZはアンテナを持参していないので、前日4/6は運用せず、4/7朝からの運用です。当然、7MHZが中心ですがコンディションが悪く、近距離の6エリアはほとんど聞こえません。同じ県内でもどなたが出ているのかさえも確認できない状況でした。14MHZもRHM7350で運用しましたが、あまり開けませんでした。
11時前には早々にQRT、島内観光をし帰路に。ここは、本州からもっとの近い長崎県です。(正確には隣の福島)
本州からの移動運用には最適です。
7M 75×33
14M 13×7
21M 1×1
交信いただいた各局ありがとうございました。
DATE (JST) TIME  BAND MODE  CALLSIGN      SENTNo      RCVDNo      Mlt    Pts
2019-04-07 0745    7  CW    JE1NVD            5994208    59913  59913  1
2019-04-07 0746    7  CW    JA3UWB            5994208    59922  59922  1
2019-04-07 0747    7  CW    JA8OHG            5994208    59901  59901  1
2019-04-07 0748    7  CW    JR3BOT            5994208    59924  59924  1
2019-04-07 0748    7  CW    JE7WBI            5994208    59905  59905  1
2019-04-07 0749    7  CW    JA2DHF            5994208    59920  59920  1
2019-04-07 0749    7  CW    JG1CFO            5994208    59912  59912  1
2019-04-07 0750    7  CW    JF1DFA            5994208    59912  -      1
2019-04-07 0751    7  CW    JK8PBO            5994208    59901  -      1
2019-04-07 0752    7  CW    JA7BEW            5994208    59903  59903  1
2019-04-07 0752    7  CW    JA7GNX            5994208    59902  59902  1
2019-04-07 0753    7  CW    JH2FMK            5994208    59920  -      1
2019-04-07 0754    7  CW    JG6JAV            5994208    5994201 5994201  1
2019-04-07 0755    7  CW    7L2LEG/1          5994208    59913  -      1
2019-04-07 0756    7  CW    JE1EQS            5994208            -      1
2019-04-07 0757    7  CW    JA2OAW            5994208    59918  59918  1
2019-04-07 0758    7  CW    JG1IEB/1          5994208    59911  59911  1
2019-04-07 0800    7  CW    JK2BAP            5994208    59918  -      1
2019-04-07 0800    7  CW    JR0RBY            5994208    59909  59909  1
2019-04-07 0802    7  CW    JA7ASO            5994208    59906  59906  1
2019-04-07 0803    7  CW    JA2WSP            5994208    59918  -      1
2019-04-07 0804    7  CW    JA3GJQ            5994208    59925  59925  1
2019-04-07 0805    7  CW    JL7CTR            5994208    59907  59907  1
2019-04-07 0805    7  CW    JF2WME            5994208    59920  -      1
2019-04-07 0806    7  CW    JA1CP            5994208    59911  -      1
2019-04-07 0813    7  CW    JA5CBU            5994208    59936  59936  1
2019-04-07 0815    7  CW    JA1UEH            5994208    59915  59915  1
2019-04-07 0833    7  CW    JE6TUP/6          5994208    59942004 59942004  1
2019-04-07 0835    7  CW    JH4JUK            5994208    59935  59935  1
2019-04-07 0836    7  CW    JA1LJW            5994208    59910  59910  1
2019-04-07 0836    7  CW    JE4GJV            5994208    59931  59931  1
2019-04-07 0837    7  CW    JE1PMQ            5994208    59915  -      1
2019-04-07 0838    7  CW    JR2DOL            5994208    59921  59921  1
2019-04-07 0839    7  CW    JA9BFA/1          5994208    59914  59914  1
2019-04-07 0840    7  CW    JH1HIC            5994208    59916  59916  1
2019-04-07 0841    7  CW    JA8ZZZ            5994208    59901  -      1
2019-04-07 0842    7  CW    JO3UCS            5994208    59922  -      1
2019-04-07 0844    7  CW    JE2SJH            5994208    59921  -      1
2019-04-07 0845    7  CW    JJ3CDK            5994208    59922  -      1
2019-04-07 0845    7  CW    JF1JDG            5994208    59911  -      1
2019-04-07 0846    7  CW    JQ1HYB            5994208    59913  -      1
2019-04-07 0847    7  CW    JA1KUU            5994208    59914  -      1
2019-04-07 0848    7  CW    JH0FOG            5994208    59908  59908  1
2019-04-07 0849    7  CW    JR2AWS            5994208    59919  59919  1
2019-04-07 0850    7  CW    JI3BFS            5994208    59927  59927  1
2019-04-07 0851    7  CW    JA3JM            5994208    59925  -      1
2019-04-07 0852    7  CW    JR1CCK            5994208    59911  -      1
2019-04-07 0853    7  CW    7L1FFH            5994208    59913  -      1
2019-04-07 0854    7  CW    JS6RTJ            5994208    59947  59947  1
2019-04-07 0855    7  CW    JP7MLI            5994208    59903  -      1
2019-04-07 0857    7  CW    JH9OKC            5994208    59930  59930  1
2019-04-07 0858    7  CW    JP3BEE            5994208    59925  -      1
2019-04-07 0859    7  CW    JA3NDM            5994208    59927  -      1
2019-04-07 0921    7  CW    JH2CMH            5994208    59920  -      1
2019-04-07 0922    7  CW    JL7AIA            5994208    59904  59904  1
2019-04-07 0925    7  CW    JA3LGF            5994208    59925  -      1
2019-04-07 0926    7  CW    JA7ACV            5994208    59906  -      1
2019-04-07 0930    7  CW    JA3JGO            5994208    59927  -      1
2019-04-07 0931    7  CW    JQ3PPC            5994208    59927  -      1
2019-04-07 0932    7  CW    JA4RQB            5994208    59934  59934  1
2019-04-07 0933    7  CW    JP3VGE            5994208    59924  -      1
2019-04-07 0936    7  CW    JA3BQC            5994208    59927  -      1
2019-04-07 0937    7  CW    JH3EQP            5994208    59925  -      1
2019-04-07 0937    7  CW    JK3HFN            5994208    59927  -      1
2019-04-07 0940    7  CW    JH3GWW            5994208    59927  -      1
2019-04-07 0943    7  CW    JG3LDD            5994208    59925  -      1
2019-04-07 0946    7  CW    JA1CRJ            5994208    59913  -      1
2019-04-07 0949    7  CW    JJ3KTW            5994208    59925  -      1
2019-04-07 0950    7  CW    JA4RQO            5994208    59932  59932  1
2019-04-07 0951    7  CW    JF3ITH            5994208    59922  -      1
2019-04-07 0952    7  CW    JR1LEV            5994208    59911  -      1
2019-04-07 0953    7  CW    JH0ILL            5994208    59909  -      1
2019-04-07 0953    7  CW    JJ3LXM            5994208    59927  -      1
2019-04-07 1022    7  CW    JA7FVA            5994208    59907  -      1
2019-04-07 1030    7  CW    JR2NTC            5994208    59920  -      1
2019-04-07 0822    14  CW    JA6WIF            5994208    5994202 5994202  1
2019-04-07 0823    14  CW    JA8ZZZ            5994208    59901  59901  1
2019-04-07 0824    14  CW    JK8PBO            5994208    59901  -      1
2019-04-07 0825    14  CW    JK8VPQ            5994208    59901  -      1
2019-04-07 0904    14  CW    JA7GNX            5994208    59902  59902  1
2019-04-07 0905    14  CW    JR8ECU            5994208    59901  -      1
2019-04-07 0906    14  CW    JL7AIA            5994208    59904  59904  1
2019-04-07 0907    14  CW    JG1CFO            5994208    59912  59912  1
2019-04-07 0912    14  CW    JA7BEW            5994208    59903  59903  1
2019-04-07 0913    14  CW    JH7GZF            5994208    59903  -      1
2019-04-07 0914    14  CW    JA8OHG            5994208    59901  -      1
2019-04-07 1013    14  CW    JI7RRS            5994208    59907  59907  1
2019-04-07 1010    14  CW    JE7WBI            5994208    59904  -      1
2019-04-07 0830    21  CW    JA6WIF            5994208    5994202 5994202  1
イメージ 1


九州の山歩き⑨【九州百名山志々伎山347m】
いよいよ山歩きの季節になり、それでも気になる花粉を避けるため、花粉が少ないことで有名な平戸島の山に行きました。自宅を朝03時に出発。福岡市内まで3時間、西九州道路はかなりの無料区間があり快適に走れました。松浦市の道の駅で一休み。ここから平戸大橋までは30分程度、橋を渡っても登山口までは1時間以上の道のり。
ガイドブックを頼りに島を西に。登山口は直ぐに判明。自宅から6時間45分かけてやっと登山口に着きました。広い駐車場には車は自分だけ。少し不安になりましたがいよいよ登山開始。山頂までは、ロープを使う急登も何か所かありましたが、概ね登り易いはっきりした道でした。山頂近くになると、馬の背の尾根で注意が必要でしたがほどなく山頂に。
山頂には祠があるもののとても狭く、数人が休憩するのがやっとです。山頂からは360度の大パノラマで、天気が良ければ五島列島~西彼杵半島が良く見えます。当日は、黄砂の影響でやや霞んでいましたが、眼下に見える東シナ海の絶景は目に焼き付きました。さすが、絶景の九州百名山です。
山頂からはハンディ機でCQを数回出してみましたが、全て空振りでQSOは皆無でした。受信した限りでは、長崎市~佐世保市、諫早市、島原半島あたりの局が良好に受信できました。また、韓国の局も数局聞こえていましたので、まずまずのロケーションではないでしょうか。
登り:30分
下り:20分
時間があったので、その後平戸島の中央に位置する安満岳に。ここは、山頂に社殿があり、うっそうとした樹木の中で、三角点はその先で眺めは悪い。少し、西側に展望所があり生月島方面が見えました。
駐車場より登り:20分、下り20分
下山後、鯛の鼻自然公園駐車場で7MHZを運用しました。
コンディションは良いとは言えない中、1時間半余りで51QSOでした。やはり近場はスキップしており、山口からコールいただいたJE6CIY/4局は結構callの確認に苦労しました。
ちなみに、ここから沈む夕日の眺めは最高らしいです。(夕日百選)

イメージ 1

イメージ 2



ダイヤモンドRHM10使用レポート

  1.  はじめに
      RHM10は、7MHZ430MHZまでのアマチュアバンドが1本のアンテナで運用できることで、私のようなおてがる移動運用マニアにはぴったりの商品です。移動局の最大出力は50Wですが、このアンテナの耐入力はCWでは40Wとなっており、オーバーパワーにならないよう出力調整が必要です。今回は短時間の運用でしたが、実際の使用感についてレポートさせていただきます。運用はこの時期安定して国内QSOが楽しめる、一番人気の7MHZを中心にしております。なお、同社には同様の広帯域アンテナとしてRHM7350があります。以下に比較表を作成しましたので、ご参考にしてください。
DIAMOND可変型広帯域アンテナの比較
  周波数 耐入力(W) 全長(最長) 全長(最短) 重量 その他
RHM7350 7~30MHZ/50MHZ 130(SSB)/40(CW) 2.6m 1.34m 290g アンテナチューナー併用
RHM10 7~430MHZ 130(SSB)/40(CW) 1.77m 0.5m 300g
2.  運用にあたって
実際の移動運用と同じような条件下を想定し、自宅から約5kmのところにある海浜公園から運用することにしました。運用地は、海抜ゼロmですが、都市部から適当に離れており、都市ノイズの心配はありません。広い駐車場もあり移動運用には最適です。(比較のため、7MHZのフルサイズのツエップも設置しました。) 到着後、説明書どおりアンテナのロッドエレメントをすべて伸ばし、ルーフサイド基台に取り付けます。その後、本体コイル部をスライドさせ、各バンド毎にSWRを測定しました。(実測値は以下の別表のとおり) その結果、各バンドのSWR測定値は1.31.7とアンテナチューナーなしで運用可能な範囲でした。私の移動用無線機(IC-706MKGM)はアンテナチューナーを内蔵していないので、余分な荷物(マニュアルチューナー)が不要で助かります。本体コイル部は、一度メモしておけばスライドして合わせるだけなので、慣れれば5分もあれば運用開始できます。ちなみに、当社のマジックアース MAT50を使用しましたが、ボディーにアースが完全に取れていれば使用しなくても問題ありません。なお、説明書にも記載がありますが、本体コイル部をスライドする際には、固定ネジを1/2回転緩めた状態にするよう注意書きがあります。これを怠ると、目盛シールが擦れて剥がれる恐れがあるからです。これは、RHM7350にも採用してほしいところです。
各バンドごとの実測値
  7MHZ 10MHZ 14MHZ 18MHZ 21MHZ 24MHZ 28MHZ 50MHZ 144MHZ 430MHZ
無調整時SWR 1.6 1.6 1.4 1.4 1.4 1.4 1.7 1.5 1.3 1.3
最良点目盛 24.2 12.7 7.5 5.4 4.1 3.4 3.0 - - -
※CW中心バンドで測定(50~430MHZ帯を除く)

3.  運用記
7MHZ28MHZ
アンテナ設置を終えいよいよ運用に。無線機の電源を入れ、まずは7MHZのバンド内をサーチ。最近、昼間の7MHZのコンディションは良くない日が多く、当日も総じて運用している局は少なめでした。それでも、土曜日の午後ということで比較的運用局が多い時間帯でしたので、移動局が数局聞こえていました。まずは試しに、599で良好な信号の局の中から2エリアのクラブ局をコール。1回でコールバックあり。579のレポートを頂きました。その後、信号が比較的安定している局を数局コールするといずれも1発でコールバックがあり、まずまずの結果でした。その中で、某誌でもおなじみのJH1JDI局がCQを出しているのを発見。数局からパイルを受けている中でコールすると、1回でコールバックあり。レポートは559でしたが、これは実態に近いレポートではないでしょうか。その後、比較するために持参した、ツエップアンテナと信号を比較してみましたが、S24劣る程度で実際のQSOには支障ないレベルです。一通り、QSO0できることが分かったことで、他のバンドにQSY10MHZJA7の局のCQに応答し599/599QSO成立。14MHZは、あまり聞こえていませんでしたが、VR2YAKV6JBVSDX2局とQSOできました。18MHZより上のバンドは、この時期ですので何も聞こえませんでしたが、夏場のコンディションの良い時期には期待できるのではないでしょうか。今回は、こちらからCQを出してみる事はしませんでしたが、珍しいJCC/JCGからの運用では十分応答いただけるものと確信しました。
50MHZ430MHZ
50MHZは、コイルを全て下げ、ロッドエレメントを全て伸ばした状態で50.051.5まではSWR2.0以内で動作しましたが、走行中使用はできないので、余り出番はなさそうです。次にVUHFですが、アンテナを全て短くした状態が144MHZでは1/4λ、430MHZでは5/8λとして。ロッドエレメントを最大に伸ばした状態では、144MHZ5/8λとして動作します。車に常設している、コメット社製の144/430ノンラジアルタイプのホイップとの比較ですが、S1程度落ちましたが、誤差の範囲内で十分実用になると思います。ロッドアンテナを折りたたんだ状態で走行も可能ですが、あまりかっこよくないのが難点です。
4.成果
私の予想では、全長が最大1.77mのロッドアンテナ?(メーカーでは移動用広帯域アンテナと表記している)では、成果は期待できないだろうと思っていましたが、実力は期待を上回るものでした。実売価格22千円程度で7MHZ430MHZまでなんと10バンドが、アンテナチューナーなしで運用できる超コストパフォーマンスの高いアンテナです。バンドあたりの単価は2,200円程度で、VUHFのホイップアンテナより安価です。DXやパイルアップには勝てませんが、お手軽な移動運用や短時間のコンテストへの参加、コンディションが変わりやすいハイバンドでの移動サービスなど、使い方次第では大いに活躍できるアンテナではないでしょうか。
5.最後に
帰宅後、固定で使用できないかとマグネット基台を金属製倉庫の屋根に取り付けて7MHZを聞いてみました。7MHZではノイズが多く、弱い信号はかなり聞き辛いようでした。やはり、都市ノイズの少ない自然の中での移動運用がストレスなく運用できるのではないでしょうか。夏場になればハイバンドのコンディションが良くなることから、10MHZ18MHZ24MHZあたりでは期待できそうです。私が以前使用していた、C社製のブロードバンドアンテナに比較しても成果は歴然です。重さわずか300g、折りたたむと全長0.5mですので車の中に入れておいても邪魔になりません。移動運用好きの方で、移動運用のサブアンテナ(私はメインアンテナで使いますが)としてぜひ候補にされてはいかがでしょうか。
イメージ 1

イメージ 2


 
 
以上

↑このページのトップヘ