jh4ouhのblog

アマチュア無線、山歩きなどを趣味しています。ぜひご意見ください。

(^^♪2019.1.2 QSOパーティーに参加しました。
穏やかな天気に誘われ、QSOパーティー参加のため近くのJCC3315周南市太華山に行きました。
今回は、昨年復刻版を自作した、50MHZ用スクエアローとヘンテナの実力を試すのが目的です。当地の50MHZはこのタイミングを逃すとしばらく相手がいません。本日の運用地は、周南市太華山標高362mの8合目付近の駐車場。瀬戸内海の絶景を眺めながら運用できる広い駐車場です。ここは、北東方面から南西まで180度のロケーションで、特に6エリアは良好です。
ちなみに山頂まではここから歩いて5~6分程度。
各アンテナの主な受信結果(HT:ヘンテナ、SC:スクエアロー・HP:モービルホイップ)
宮崎市JA6YBRビーコン=HT539/SC529/HP入感なし
美祢市移動(JE6CIY/4)=HT59+10/SC59/HP52
飯塚市固定(JH6YOB)=HT59+10/SC59/HP52
松山市移動=HT55/SC55/HP41
下関市移動(JE4AHM)=HT55/SC55/HP41
大分市移動(JA6LPW)=HT59/SC59/HP53
唐津市移動(JG6QGV)=HT59+/SC57/HP52
山口市固定(JH4OYD)=SC57/HP41
諫早市移動(JL2JGX/6)=SC59/HP57
菊池郡固定(JM6EXB)=SC55/HP41
総括】
スクエアローとヘンテナとでは、信号強度にさほど差は感じませんでした。ただ、HTでS59の信号は、SCでは57~58程度、HPでは52~53程度のとかなり落ちます。近距離50k以下の信号はHPでも結構拾えますが、100k以上の遠距離GWの信号はかなり差が出ます。また、3つのアンテナでSCのノイズレベルが一番低いようでした。以上のことから、ヘンテナはそれなりの実力があるものの、アンテナ自体の高さが3mあり設置が大変ですが、スクエアローなら組み立てたまま車に入ることから、設置時間は5分程度、無指向性で軽量、風にも強いことからEスポ狙いの移動運用には最適と思います。今シーズンは、このスクエアローの出番が多くなりそうです。ちなみに、スクエアローのSWRは、50.2M付近で1.1以内、50.0~50.5までは2.0以内で実用範囲内ですが、FM帯の運用メインの場合はエレメントの調整が必要でした。また、インピーダンスもほぼ50Ωと良好な値に収まっています。
QSOパーティーでQSO頂いた各局ありがとうございました。
写真1枚目:スクエアローアンテナ
写真2枚目:ヘンテナ
写真3枚目:運用地から見た周南市内
イメージ 1


イメージ 2

イメージ 3









































     

イメージ 1

イメージ 2

50MHZスクエアロー復活
昭和50年当時の説明書を元にスクエアローアンテナを製作しました。予想外に上手くできたので公開します。
今回作成にあたって、できるだけコストをかけないことと、移動運用にも使用できることを主眼に、私の当時の記憶と組立説明書を下に再現しました。(製作費はパイプ代など500円程度)
①構造
正規物はアルミパイプを使用し、同軸は直付けでしたが、移動用に組み立てや解体が簡単にできるよう、本体とマストはホームセンターで安値で入手できる水道パイプを使用しました。エレメントには、家電製品についていたアース用のリード線を流用。給電部は、ヘンテナ作成でノウハウのあったバズーカ・マッチを採用しました。
②製作にあたって
エレメント長は、DPと同じ1/4λに短縮率95%とし、50.3MHZを中心周波数とした場合一辺が約1.42mで2本作成。
給電部は5m程度の5D2Vの切れ端がありそれを使用し、先端の1m程度をカットしバズーカ・マッチを作成、給電点はギボシ端子を使用し取り外しが簡単にできるようにしました。
ヘアピンは、バズーカ・マッチ作成時に不要となった同軸ケーブルの芯線10㎝を切断し半田付け。エレメントはパイプにビニールテープで止めるだけ。参考書では、エレメント間は10センチとありましたが、20センチ程度にした方がSWRの値が良好でした。
③動作テスト
実際の交信には使用していませんが、アナライザーでの値は、50.1~50.3MではSWR1.1以内、50.5M付近で2.0、51.0Mでは3.0と帯域はやや狭いと感じました。実用範囲は、50.0~50.5までです。組み立て解体には工具不要で5分程度で完成です。とても軽いので片手で持てます。試作のため防水処理をしていないので、固定での使用はできません。
【参考図書】CQ出版社「実践アマチュア無線製作・ベランダバルコニーアンテナ専科」

貫山711m【九州百名山】
オールコンテストで嘉麻市に移動するも、コンディションが悪くあまりQSOできませんでしたが、せっかくなので翌日は近くで九州百名山の貫山に登ることに。朝は、放射冷却で相当冷え込み、一面霜で真っ白でした。おかげで、日中は山歩きとしては最高の天気になりました。
登山口は、山登りの本に紹介されている、メジャーな茶ヶ床園地登山口を目指します。ここは、平尾台の真ん中で、広い駐車場と水洗トイレ、東屋などがあります。ここに車を置いて、北東方向に延びる舗装路を歩きます。10分も歩くと、標識があり細い山道に入ります。平尾台には、高い樹木がないので、登山道のどこからでも自分のいる位置が分かり、迷うことはありません。(霧が出れば要注意) 中峠、四方台を過ぎると急登となりますが、ほどなく山頂に。山頂からは、周防灘~国東半島~英彦山、山口県内は下関市内~宇部・山陽小野田~遠く祝島まで見渡せました。また、国東半島方面は、姫島~鶴見岳~由布岳~久住まで良く見えました。
早速、いつものハンディー機で144Mを運用。福岡、山口県内の局が良く聞こえていましたが、福岡市・佐賀・熊本方面には良くないようです。短時間の滞在でしたが6局とQSO。気温7度と肌寒いので早々に下山。下山後、小春日和の中、茶ヶ床園地でお弁当を。ここで車の無線機で144/430Mを聞いてみましたが、全く聞こえません。
貫山は、手軽に絶景を出会える絶好のポイントではないでしょうか。
この日は一日中好天で、帰りの2号線(小月~埴生)からも由布岳が確認できました。
登り:登山口~45分山頂(休憩時間・写真撮影時間を含む)
下り:山頂~30分茶ヶ床園地登山口
画像1枚目は山頂から見えた由布岳、鶴見岳、2枚目は山頂付近
イメージ 1

イメージ 2



↑このページのトップヘ