jh4ouhのblog

アマチュア無線、山歩きなどを趣味しています。ぜひご意見ください。

九州百名山【扇山】

‎椎葉村周辺には1600m級の山が多く、この扇山も際立って目立つ山ではありませんが、毎年6月に山開きをするなど、地元に愛された山のようです。
当初は鹿野游小学校から林道で内の八重登山口を経由し、松木登山口を目指す予定でしたが、地元の民家で道を聞いたところ、林道が未舗装で荒れており、直接松木登山口に回った方が賢明とのことで265‎‎号を南下、椎葉村の中心地からダム沿いの県道‎‎142‎‎号を北上。 椎葉村中心部から10分程度でナビの指示に従い林道に入りますがこれが大失敗。‎‎500‎‎m程度で舗装が切れて悪路になり、さらに しばらく走ったところで様子が違うことに気付き県道まで引き返すことに。(‎‎15‎‎分のロス)標識で確認すると、その‎‎100m‎‎先に登山道の案内標識がありました。 ここからは一本道の林道を登ります。途中民家が何軒かあり狭い舗装路が続きます。 ‎‎20‎‎分程度で鹿野游からの林道と合流しました。 さらに‎‎5‎‎~‎‎6‎‎分で登山口に到着です。 登山口付近は雲海展望所として未舗装ながらかなり広い駐車場ときれいなトイレがあります。 登山口は、山側の取り付き地点にあります。登山口の標高は既に1330mありますので、 山頂までの標高差は‎‎340‎‎m余りとかなり楽な山歩きです。 登山道は、はっきりとした緩やかな山道で、あまり標高差がないので距離は長く感じました。 途中‎‎45‎‎分程度で山小屋に到着。 (施錠してあり中には入れない)ここからコースを右方向に取り、やや急な登りになります。 途中、いくつかのピークを越え最後の急坂を登ると山頂に到着。 山頂は‎‎360‎‎度のパノラマでやや広く木陰はありません。 南側は遠く霧島山系、北西方向には阿蘇、久住山系、祖母山系まで見通せました。 ‎‎144M‎‎を聞く限り熊本・佐賀方面の多くの局が受信できたが、‎‎こちらのCQ‎‎には全く反応なし。 唯一広島の十方山移動のJK4KHZ局と‎‎QSO‎‎できました。 帰路は同じ道を下山。 ‎途中で何頭かの野生のシカと出会いました。

‎登り‎‎1‎‎時間、下り‎‎55‎‎分

九州百名山【向坂山・白岩山】

‎登山口へは、国道‎‎265‎‎国見トンネル入り口近くの五ヶ瀬ハイランドスキー場の標識で右折。 舗装路の林道を‎‎約6‎‎k、‎‎15‎‎分登るとスキー場のゲストハウスに到着。さらに手前の未舗装の林道を‎‎1.5‎‎k程度登ったところに登山口の標識がありました。 未舗装路はかなり悪路で‎‎4WD‎‎なら安心です。 登山口付近には登山者の車数台がありました。 ここから向坂山、白岩山を目指します。この付近で 標高は‎‎1410‎‎mありますので、車が入る登山口としては九州本土で最高峰では? ‎

‎登山口には丁寧な説明版があります。 ここからは左方面が白岩山で、階段状の山道を歩きます。 ‎‎15‎‎分程度で標高‎‎1558‎‎mの杉越にでます。 右に行くと向坂山。 ここではコースを左に取り白岩山を目指します。 白岩山までの標高差は‎‎110‎‎m余りで急な登りは山頂直下のみで快適な山道でした。 途中に標識はないもののはっきりした山道で迷うことはありません。 杉越から‎‎20‎‎分であっけなく白岩山に到着しました。 山頂は狭い‎ものの360‎‎度の展望で景色は抜群。 南側には、縦走可能な扇山が。 写真撮影後、今来た道を杉越まで引き返します。 そこからは緩やかな登りを歩くこと‎35‎‎分で向坂山に到着。 山頂は広く木陰もあるものの北方面のみの展望。 遠くの阿蘇山系まで望めますが、白岩山に劣ります。山頂から ‎‎144MHZ‎‎を運用、佐賀県内の‎‎2‎‎局と‎‎QSO‎‎。 ‎‎JA6CVK‎‎局とはコンテストの常連で思いがけない‎‎CALL‎‎でした。 帰路は、五ヶ瀬ハイランドスキー場リフト降車場経由で林道を歩き、‎‎30‎‎分でゴボウ畑登山口に。 ‎‎1
登山口から白岩山:35分 白岩山~向坂山:35分 向坂山~登山口:30分

202206向坂山白岩山 (21)

202206向坂山白岩山 (2)

【2022年オール宮崎コンテスト】JA6EFA/6
オール宮崎コンテストにJCG45005H(東臼杵郡椎葉村)から県内局として参加しました。
椎葉村は、日本3大秘境と言われるくらいの秘境です。私自身未交信の町村でかなりレアかと?
今回は、九州百名山登山の合間の運用で、椎葉村内にある廃校になった小学校をリフォームした宿泊施設で許可を得て運用しました。さすがに元小学校ですので広いグラウンドがあります。HF帯のアンテナの設置にも苦労しませんでした。頑張れば、1.9Mのフルサイズも張れそうでした。ただ、金属製のフェンスが周囲にあったので、調整済みのアンテナでもいつもよりSWRが少し高いようでした。このコンテストは土曜日の18時スタートですので明るいうちに7/21M用と14M用のツエップを6mの高さに設置しました。
当日の土曜日は、関ハムコンテストの参加局が多く、なかなか応答がありません。1時間程度で運用を断念、翌日に期待しました。翌日は7時前から運用しましたが、ハイバンドのコンディションは上がらず。午前中から雨が降り出したことで12時前にはQRT。21Mは全く聞こえず、7/14Mのみの運用で100局を超えた程度でやや不満な結果でした。ただ、帰りの車の中では、FMラジオで多くの中国語の放送が聞こえていたので、南方面のコンディションは良かったのかもしれません。
今回、無線の運用に好意的だった、「仲塔渓谷の館」簡易宿泊所は1泊3000円と格安。施設内はとてもきれいで、セルフサービスのビジネスホテルのようでした。2Fの個室は和室6畳程度が何カ所かありました。冷蔵庫や洗濯機、厨房(ガスコンロ・電子レンジあり)などの設備は自由に使えるので不自由はなかったのですが、5k圏内にスーパーやコンビニもないので食料品は多めに持ち込むことが大事です。学校の雰囲気を味わいたい方には不向きです。
この記事をお読みの方で興味のある方は問い合わせてみてください。
旅荘 陣屋の里 | 椎葉村観光協会 (shiibakanko.jp)

P6043816
202206椎葉村仲塔渓谷の館 (8)

【オール山口コンテストにJCC3202浜田市から参加】
昨年は、急病で運用を断念しましたが、今年は隣県から気合を入れて参加しました。
このコンテストは、モノバンド部門がなくマルチバンドでの運用が必須で、かなりレベルが高いので入賞は諦めて、呼ばれる側で楽しんでみようと挑みました。
今回は、1.8Mも運用するため、移動用の1.9MDPをギボシ端子で延長(JA4TOH氏協力TNX)したものを使用しましたが、エレメントがなかなかほどけず設置に苦労しました。(今後の課題)それでも、SWRは1.3以内と良好です。18時のコンテスト開始当初は14Mです。アンテナはRHM-10です。バンドは開けているもののあまり呼ばれず30分程度でQRT。その後、3.5MにQSY。アンテナは全長15mの改良型短縮スローパーですが、SWRが思うように下がらず、10局で運用を断念。1.8Mはなにも聞こえてない中、CQtestを出すも呼ばれません。アンテナは悪くないのですがマイナーコンテストではこんなものなのか?1時間程度運用し21局がやっとでした。21時前にはアンテナを下ろして退散しました。
翌日は、前日の場所から300m移動し7/21M用と14Mモノバンドのツエップを設置。朝方、7Mではかなり呼ばれましたが、その後はパラパラ、14Mも思ったほどコンディションが上がらないまま各バンドを行ったり来たり、12時過ぎには運用終了。
山口県内でQSOできたエリア
3301/3303/3306/3308/3310/3311/3315/3316
もう少し参加局が多ければ楽しいんですが?
QSO頂いた局に感謝します。QSLは送付頂いた局に返送します。
202205ALL山口浜田市 (8)
コンテスト開始まで、浜田市から10Mのツエップで運用
202205ALL山口浜田市 (2)
運用地付近からみた山陰海岸




【夏木山1386m/五葉岳1570m】大分県佐伯市/宮崎県西臼杵郡
夏木山は、大分県側の夏木新道からが最も一般的です。今回は、道の駅宇目がスタート地点です。ここには登山マップなどありその地図を参考にR326を延岡方面に南下。一旦宮崎県に入り左折後、細い林道で藤河内渓谷を目指します。この辺りからは舗装が途切れ未舗装の悪路になります。林道を5k程度登るとやっと案内板のある登山口が見えてきました。(登山届けあり)登山口周辺には駐車スペースが余りないので、少し手前に停めるのがベターです。登山口付近では車の方向転換にも一苦労します。0900登山開始、いきなりこんな坂を登るのかというような急坂で、かなり息が上がる場面でした。直ぐに稜線に出るも、その後も急坂は止まらない。10分も歩くと山頂まで1700mの標識があり、その後も100mごとに標識が設置されてました。6合目付近のあけぼの平付近からはアケボノツツジが咲いていました。9合目付近で犬流れ越えからの登山道と合流。後は10分もしないで山頂に到着です。山頂はさほど広くないものの360度の展望です。北方面の久住、遠く由布岳方面の眺めが良好です。ここの付近には1500m越えの高い山が多いのが良く分かります。ここまで登山口から1時間25分です。山頂で写真撮影など15分程度休憩し溶岩が特徴的な五葉岳を目指します。一旦下り尾根沿いの登山道を北方面に。迷うことはないものの、はっきりした登山道はないようです。途中、1400mのピークを過ぎても緩やかな坂の連続。やがて兎巾山からの登山道と合流します。途中、赤のテープを頼りに進しましたが、ここでやっと標識に出合いました。ここまでくると五葉岳は目の前に見えます。それでも山頂直下まできつい坂道があり山頂は遠く感じました。夏木山から1時間20分で五葉岳山頂に到着です。山頂は大岩の上でかなり狭く、崖っぷちで怖いので写真撮影のみで退散し、岩陰で昼食を食べました。山頂からは360度の展望で傾山、祖母山から大崩山なども確認でました。 無線機を取り出し144Mを聞いてみましたが、平日ということもあり、6エリア1局が聞こえる程度。以前、防府市の右田ヶ岳からこの山に移動していた局とQSOしたことがあり、よく飛びそうだったのですが。
帰路は、五葉岳山から夏木山までは1時間10分、夏木山から登山口までは1時間でした。
コースタイム全行程:4時間55分
202204夏木山五葉岳 (6)
202204夏木山五葉岳 (12)

翌日は、竹田市の緩木山・越敷山に登る予定で大分県側から登山開始しましたが、道に迷い登頂を断念しました。




【2022年のALLJAコンテストに参加しました】
今年は宮崎・大分県境の山歩きを終えてからの移動です。当初は大分県南に移動しようと考えていましたが、天候が雨予報だったことから、現地の様子が分かる昨年と同じJCC4403中津市八面山中腹に落ち着きました。ここは、標高600m弱で駐車場やトイレもあり環境は悪くありません。ただ、東方面は国東半島が邪魔してさほど良くありません。HFも検討したのですが、昨年同様50MHZ電信部門にエントリーしました。
コンテストが始まるころには小雨になり、この雨は翌日の昼前まで降り続きました。21時からのコンテスト開始時でもほとんど運用局が聞こえません。時折、少し上の方のSSBを聞いて見るとそこそこ聞こえています。それでも諦めずにCQの連発を。北方面の山口県内は距離的にも近く、今回のコンテストでは一番多くQSOでき、いずれも強力な信号でした。10局を超えたところで23時過ぎにはQRT。翌朝は08時前から運用開始。11時前から8エリアが聞こえはじめましたが、聞こえてくる局は多くありません。その後もスポット的にオープン、7エリアも聞こえますが、なかなか呼ばれませんでした。Espは14時前まで開けていました。ESPがフェードアウトしたことでQRT。薄日が差してきたことでポールも乾いたことから撤収。Espのお陰で昨年実績は越えることができました。
『QSOできたマルチ』
101/103/104/105/106/108/109/112/02/04/27/31/33/35/36/38/40/42/43/44/45

P4243698

↑このページのトップヘ