九州の山歩き⑨【九州百名山志々伎山347m】
いよいよ山歩きの季節になり、それでも気になる花粉を避けるため、花粉が少ないことで有名な平戸島の山に行きました。自宅を朝03時に出発。福岡市内まで3時間、西九州道路はかなりの無料区間があり快適に走れました。松浦市の道の駅で一休み。ここから平戸大橋までは30分程度、橋を渡っても登山口までは1時間以上の道のり。
ガイドブックを頼りに島を西に。登山口は直ぐに判明。自宅から6時間45分かけてやっと登山口に着きました。広い駐車場には車は自分だけ。少し不安になりましたがいよいよ登山開始。山頂までは、ロープを使う急登も何か所かありましたが、概ね登り易いはっきりした道でした。山頂近くになると、馬の背の尾根で注意が必要でしたがほどなく山頂に。
山頂には祠があるもののとても狭く、数人が休憩するのがやっとです。山頂からは360度の大パノラマで、天気が良ければ五島列島~西彼杵半島が良く見えます。当日は、黄砂の影響でやや霞んでいましたが、眼下に見える東シナ海の絶景は目に焼き付きました。さすが、絶景の九州百名山です。
山頂からはハンディ機でCQを数回出してみましたが、全て空振りでQSOは皆無でした。受信した限りでは、長崎市~佐世保市、諫早市、島原半島あたりの局が良好に受信できました。また、韓国の局も数局聞こえていましたので、まずまずのロケーションではないでしょうか。
登り:30分
下り:20分
時間があったので、その後平戸島の中央に位置する安満岳に。ここは、山頂に社殿があり、うっそうとした樹木の中で、三角点はその先で眺めは悪い。少し、西側に展望所があり生月島方面が見えました。
駐車場より登り:20分、下り20分
下山後、鯛の鼻自然公園駐車場で7MHZを運用しました。
コンディションは良いとは言えない中、1時間半余りで51QSOでした。やはり近場はスキップしており、山口からコールいただいたJE6CIY/4局は結構callの確認に苦労しました。
ちなみに、ここから沈む夕日の眺めは最高らしいです。(夕日百選)

イメージ 1

イメージ 2