jh4ouhのblog

アマチュア無線、山歩きなどを趣味しています。ぜひご意見ください。

2023年02月

【2023年広島WASコンテストに参加記】
昨年に続き、このコンテストに広島県内局として参加しました。今回は、1.8M部門に参加するため、25日からの移動です。
(1)1.8M部門(JCC3512)
移動地はJCC3512大竹市の港湾近くの公園です。早めに到着し、アンテナを設置しましたが、何故かSWRが1.87付近に同調していたことで、今回はアンテナチューナーを使用しました。コンテスト開始までの時間で、1.9Mの移動運用を。最初の15分は全く呼ばれませんでしたが、クラスターに載せていただき1時間程度の運用で40局余りの局とQSOできました。クラスターの威力は絶大と感じました。
一旦QRTしたころには、良かった天気が急変、風雨が強くなりました。1時間程度で収まりましたので、アンテナを1.8M用にギボシを繋ぎ変えます。
21時からはコンテストに専念。最初の30分は結構呼ばれましたが、その後はパラパラに。やっぱり地方のローカルコンテストではこの程度と割り切ります。それでも、著名なコンテスターからもコールいただき、フルサイズDPの威力を実感しました。50局を超え、一通りの局とQSOできたことで23時にはQRT。昨年の入賞局の得点には遠く及びませんが納得できる結果です。今回も電話は運用せず電信のみの運用でした。
(2)14M部門(JCC350108)
当初は廿日市市から運用する予定でしたが、広島市に宿泊したことで、近くの広島市佐伯区の運動公園に行きました。ここは、標高200m弱で南から東方面に開けた場所です。50Mか14Mでのエントリーに迷ったのでどちらのアンテナも上げました。西側の6エリア・山口県方面は厳しく、50Mでは県外はPM54の1局だけでした。
09時から参戦しましたが、思いの外14Mのコンディションが良く、50Mの運用に多くの時間を割けなかったことで、結局14M部門にエントリーしました。14Mでは5エリアを除き昨年を大きく上回る局とQSOでき入賞も期待できます。このコンテストは短時間の短期決戦で移動運用には最適です。反省点は、このコンテストは県外局:県外局のQSOが有効であることで、こまめにサーチすることでマルチを積み上げることが重要と思いました。交信頂いた局に感謝します。QSLは希望の局のみ送付します。
大竹市の移動地
P2254951

広島市佐伯区の移動地

P2264954

KCJトップバンドコンテスト
昨年は参加しなかったこのコンテストにJCG32008鹿足郡から参加しました。自宅は、アンテナが非力なLWです。一昨年のこのコンテストでは、聞こえていても応答がないというストレスをかなり受けたので、今回はCQを出して呼ばれたいという思いから移動運用しました。移動地は、以前KCJコンテストやオール山口コンテストで移動したことがある鹿足郡津和野町つわぶき高原パークですが、ここは山口県境から500m程度で、実家の萩市からも車で40分程度で行け、観光客も少なく目立たない場所です。また、昼間の暇な時間は、実家で農作業に専念できます。
今回のアンテナは、いつも移動運用で使用しているフルサイズDPです。末端のギボシの短絡を解除することで、1.8Mに対応。SWRは1.80~1.82Mでは1.2以内に落ちます。明るいうちに上げたので、事前の移動サービスをするつもりでしたが、先の短絡の接続と解除が面倒なので止めて、コンテストに専念しました。
21時スタート直後はさすがに多くの局に呼ばれましたが、30分程度で一巡したのか余り呼ばれなくなりました。バンド内をサーチするも、目新しい局はあまりいません。午前0時位まではと思っていましたが、23時を過ぎると運用局も少なくなりQRTしました。それでも、これまでは呼んでもコールバックのなかったメジャーな入賞候補の局からも多くコールいただきました。(これだけでも目的達成)
翌日は、再び同じ場所にアンテナを立て、夕方1715から運用開始、1940QRTまで運用しましたが、成果はパッとしませんでした。
今回、102QSOできましたが、入賞ラインには程遠いい結果でした。それでも、ON(JS6RRR)などはKCJAニューが3県増えました。また、DXはHLとロシアとできました。
提出したQSOデータで確認すると、誰もいないと思っていらSNマルチから2局呼ばれたこと、また地元のYGからは、JH4OYD・JA4VNE・JE6CIY/4・JM4MDV・JA4TY局など5局とできました。
【こんな場所です】

DSC_0037
DSC_0038

↑このページのトップヘ