jh4ouhのblog

アマチュア無線、山歩きなどを趣味しています。ぜひご意見ください。

2024年06月

今年も、九州百名山登山を終え、宮崎県内局として宮崎コンテストに参加しました。
今回の運用地は、JCC4506日向市米の山です。登山の汗を流すため、門川町の温泉に入りましたが、そこから日向市内までは15分程度です。米の山は市街地からも近く簡単に行けます。一帯は、公園化されており、日向灘の絶景も楽しめます。山頂近くまで車で行け、駐車場から展望台のある山頂までは3分程度です。展望台からは、宮崎市内、日向市内、水平線まで見える太平洋に感動しました。
駐車場はそれほど広くありませんが、ツエップアンテナ程度は設置可能でしたので、7/21M用(短縮型)と14M用の2本のアンテナをを上げました。18時からのコンテスト開始時には、14/21Mは開けていましたが、コンテスト参加局は多くないようでさほど呼ばれず、山登りの疲れもあり19時にはQRTしました。翌日は、コンディションを期待して50M用の2エレHB9CVも上げました。07時、14Mから運用開始です。08時までは余りコンディションは良くありませんでしたが、次第に開け、1・2・7・0中心に強くなしました。10時を過ぎると、3・4・6エリアからも呼ばれコンディションが良くなったことが確認できました。同時に50Mも開けましたが、CWでの参加局が少なくあまり呼ばれません。50MのGWでは、山口市内の局ともQSOできました。宮崎コンテストは、ハイバンドのコンディションが良い時期に開催されるコンテストですが、やはりローカルコンテスト故、参加局は限られるようでした。
今回は、18Mのツエップも持って行ったので合間に運用しました。QSO頂いた各局に感謝します。
「宮崎市内方面」
P6022802
「山頂駐車場」
P6022801
日向市内方面
P6022797
「先ほど登った大崩山方面」
P6022793

九州百名山(大崩山1644m)に登りました
大崩山は、延岡市の夏木山・鹿納山・五葉山の主峰で、多数の岩峰や岩壁のある日本に2百名山です。ただ、今回は、その魅力的な山容を見ることができない宇土内谷からの最短コースを選択しました。
日之影町方面から登山口へは、国道218号を延岡方面に。延岡市の標識が見えたら、鹿川方面の標識に従い左折。狭い県道214号をひたすら北上します。途中、岩峰の比叡山の登山口があります。さらに小さな集落をいくつか通過し川沿いに進むと、最奥の集落上鹿川地区に着きます。ここは、バスの終点となっており、駐車場とトイレがあります。ここを右折すると鉾岳に行けますが、宇土内谷へは直進です。ここから、林道になりさらに道が狭くなります。人家がなくなるとセメントの舗装路に変わり、しばらく走ると舗装路から砂利道に変わります。乗用車でも何とか走れるますが、道には石がゴロゴロでパンクしないかと注意を要します。途中、沢から水が溢れている場所もあり、雨上がりには危険です。車を4WDに切り替え10k以下でゆっくり走行しました。国道から1時間半で、やっと宇土内谷登山口に到着しました。登山口にはジムニーが2台停車していました。ここからさらに鹿納山登山口に通じる林道がありますが、走行できるかどうかは不明です。登山口に車を停車して、ここからはいよいよ徒歩です。しばらくは林業の作業用道路を歩きます。途中からはかなり荒れており、雨上がりで靴が汚れました。少し行くと林業の作業中で、作業員の了解を頂き通していただきました。作業道の途中に登山口の標識を見つけ、ここから山道に入ります。杉林の中の赤のテープを頼りに登りましたが、途中から林業作業用の目印としての赤テープもあり、当てになりませんでした。さらに、伐採された木材で登山道が塞がれており、歩けない箇所もありました。迂回路もなく無理やり登るしかありませんでした。1時間弱で尾根近くに出ますが、この辺りまで登るとはっきりした山道に変わります。次第に険しい上りはなくなり、鹿納山分岐を過ぎるころからは道がなだらかになります。山頂近くで、上祝子分岐を通過すると一気に周りが開け、間もなく山頂に到着です。山頂からは南から西方面の阿蘇・国見山・宮崎市方面の眺めが良いですが、山頂手前300m地点の大岩の上からの方が展望は良好です。こちらはほぼ360度の展望が楽しめます。阿蘇・祖母傾山系、椎葉の山々が一望できます。山頂では、この好天にも関わらず誰一人出会わず、のんびり144Mを運用しました。さすがに標高が1644mあるので4エリア・6エリア・5エリが強力に入感していました。山頂には1時間程度滞在し6局QSOでき、山口市や呉市まで届いたことに感激でした。下山は同じコースを取りました。上りで苦労した杉の伐採現場を避けるため、遠回りでしたが、ヤマップを頼りに作業用林道を経由しました。コース中、出会ったのは2組3人でした。
この山で、九州百名山75/100です。
上り:2時間15分 下り:1時間20分
「北西方面}
P6012778
「山頂」
P6012771
「南西方面」
P6012764
「山頂2」
P6012763
「宇土内谷登山口」
P6012762


↑このページのトップヘ