jh4ouhのblog

アマチュア無線、山歩きなどを趣味しています。ぜひご意見ください。

カテゴリ: 日記

①宗像市城山369m
ここに登るのは6年振り、年間3千人以上が登る超人気の山です。
JR九州鹿児島本線の教育大前駅で下車、教育大付属幼稚園の正門を目指して北に。駅から12~13分程度で案内板のある登山口に。ここは、水汲み場もあり、美味しそうな地下水が汲めるようです。登山口ははっきりして分かりやすい。途中、多くの登山者と出会います。10分程度で三郎丸分岐、さらに10分で山頂に。
山頂は広く、南北の眺めが良い。当日は天気が良く、山頂から世界遺産の沖ノ島、壱岐などが見えました。休憩後、南岳まで30分、さらに北岳(金山)まで10分の縦走をしました。
山頂から144Mを運用、熊本コンテスト参加中のJK2XXK/天草市など5局とQSOできました。
JK6CJK嘉麻市・JK2XXK/6天草市・JH6RRR北九州市他2局
JR教育大前~城山山頂まで30分~北岳まで40分~城山山頂40分~教育大前駅20分
202001宗像市城山 (1)
城山から沖ノ島遠望
202001宗像市城山 (7)

②田川郡添田町岩石山454m
日田彦山線は、災害の影響で添田までしか行きません。早朝に自宅を出ても11:15にやっと添田駅に到着。本数が少ないので時間配分には注意です。
登山口は、駅から歩いて10分の添田公園。ここには、温泉施設もあり時間があれば入りたいところでした。登山口は何カ所かありますが、今回は歩きやすい正面登山道を。途中、展望台や休憩所もあります。迷うこともなく、登山口から35分で山頂に。山頂には、展望台があり添田市街、直方の福智山、南に英彦山が良く見えます。少し下ったところに八畳岩・国見岩の展望所もありますので必見です。
今回は、帰りの12:52添田発に乗らないと、次まで相当時間を持て余すことになるので急いで下山。
上り:駅から45分
下り:駅まで35分
201908岩石山 (2)
201908岩石山 (1)


① 防府市八幡岳352m
ここに登るのは約18年振りで、当時の記憶を頼りに登山口を探すことに。防府市内より県道24号線を徳地方面に。平成21年の大水害で大きな犠牲を出した老人保健施設ライフケア高砂が見えたら左折。坂道を上がっていくと、森林公園の標識がある。登山口は何カ所かあるが、駐車場のあるもみじの広場が適当。橋を渡り、快適な遊歩道を歩く。途中、八幡岳1200mの標識に従い真砂土の登山道を登っていく。尾根に出ると、一旦下り再び急坂を登る。登山口より30分で山頂に。山頂には標識らしいものはないが、三角点がある。少し下ったところに大岩があり展望が良い。すぐ目の前には、右田ヶ岳、矢筈ヶ岳が鎮座しているのが見える。山頂は、360度の展望で、特に周防灘方面から国東半島の眺めが良い。
ハンディ機を持参したが、天候が悪くなり取り出すことなく下山。
上り:30分、下り25分
PC220997
PC220995
②山口市(旧徳地町)真田ヶ岳620m
ここも約30年振り。登山口は、国道376号線の荷卸峠。山村広場の標識に従い、中国縦貫道下の狭い舗装路を山手に進み突当りを右折すると直ぐに標識のある登山口に。駐車場がないので手前100mのスペースに停める。先の、山村広場は閉鎖されており入れない。
登山口入口は林道で、入口は鎖で施錠されており乗り入れできない。林道は荒廃が進んでおり、とても車では入れないが、徒歩なら支障はない。10分も歩くと林道終点に。さらに10分の山道(一部舗装路)で尾根に出る。左折する道もあるが、以前は中継所があるのみでした。山頂へは右折し細い山道を行く。途中で小さなピークを2つ超えるとやがて視界が開け山頂に。
山頂は、360度の展望で、山口市内、1000m級の西中国山地の山々、周南市大津島方面、防府市内から国東半島まで想像以上の絶景でした。
山頂から144MHZを運用、100mwで2局(JA4GTK山口市・JO4JAE周南市)、2wで1局(JK4KHZ廿日市市冠山)QSOできました。また、福岡市内や松山市内の局も強力に受信できました。
下山は同じルートを、滑りやすいところもあり注意が必要です。
上り:40分、下り:30分
PC281055
PC281059


2019.6開催の、JA8コンテストにJCG33002阿武郡から50MHZ電信部門で参加しました。
アンテナは、いつもの自作スクエアローアンテナです。
コンテスト当日の午前中は、FBなコンディションに恵まれ8エリアがEspで良好に開けていました。
8時ごろから、2時間半余りの運用でしたが、13局5マルチとQSO頂きました。
先般、賞状が届いて確認したところ、部門全国2位でした。
移動先は、JCG33002阿武郡阿武町の標高400余りの小高い台地ですが、このアンテナでも宮崎のビーコンが539で聞こえていました。

PC090930

201906阿武郡移動 (6)

2019年11月23日オール九州コンテストに参加】JA6EFA/6
毎年恒例のオール九州コンテストにJCC4017大川市から参加しました。毎年、3.5Mのアンテナを準備しないため、早朝からの参加です。
今回は、WWコンテストと日程が重なり、14Mは開けていてもあまり運用できる状況にはありませんでした。0730から7Mで運用開始。09時くらいまではまずまず応答いただけましたが、その後は閑散としてきました。時々、14MでもCQを連発するもほとんど呼ばれません。結局、1302JA0GSG局を最後にQRT。
その後、JH4OUH/6で7MHZをコンテスト外で運用、33局とQSOし14時には閉局。
7MHZ=125QSO
14MHZ=6QSO
せっかくなので、JCG40014A三潴郡大木町、11/24にはJCC4031うきは市、JCG40001H朝倉郡東峰村から運用して帰りました。
QSO頂きました各局に感謝します。

201911オール九州コンテスト移動 (6)
201911オール九州コンテスト (2)

11/2~11/4に鹿児島県の山登りに出かけ、その合間に運用しました。
薩摩半島方面の九州百名山登頂のため(別途日記参照)、3連休を利用し出かけてきました。自宅から指宿市までは約520k、とても遠く感じました。。初日は、午前中から開聞岳登山、下山後JR最南端の駅「西大山駅」を見学。夕方近くに、枕崎市に移動。翌日は南さつま市、いちき串木野市に移動。3日目は、帰路に立ち寄った道の駅・SAから運用しました。
JCC4604枕崎市】運用時間35分:7MHZ=18局
太平洋の絶景を前に35分間の短い運用でした。コンディションが悪くあまり呼ばれませんでした。
早々にQRTし、太平洋に沈む夕日の見える露天風呂に。
【JCC4621南さつま市】運用時間5分:7MHZ=3局
せっかくここまで来たので、「道の駅きんぽう木花館」から朝の時間少しだけQRV、コンディションが悪く敢え無く5分でQRT。山登りを優先しました。
【JCC4620いちき串木野市】運用時間55分 7MHZ=45局
最後に登った冠岳中腹の公園から運用、日が暮れる前にQRT。
【JCC4509えびの市】運用時間40分 7MHZ=40局
道の駅「えびの」から運用。そこそこコンディションが良く、まあまあ呼ばれました。
残念ながら、韓国岳・高千穂峰は望めませんでした。
【JCC4303人吉市】 7MHZ/10MHZ=61局
今年9月に新しく道の駅となった「
人吉クラフトパーク石野公園」から運用。広い駐車場やキャンプ場もあり充実していました。今回の運用では最も多くの局とQSOできました。
【JCC43008J球磨郡山江村】運用時間50分:7MHZ/10MHZ=35局
最後に、山江SAから短時間の運用。

【今回設備】
アンテナは、ホイップアンテナのダイヤモンドRHM10です。(興味のある方は以前のブログ記事を)
こんなアンテナでも多くの局とQSOでき満足です。
無線機は、IC706mrkⅡGM 40W
QSO頂いた各局ありがとうございました。
※写真は枕崎市方面から見た開聞岳
2019鹿児島山登り (20)

↑このページのトップヘ