jh4ouhのblog

アマチュア無線、山歩きなどを趣味しています。ぜひご意見ください。

カテゴリ: 山登り

①宗像市城山369m
ここに登るのは6年振り、年間3千人以上が登る超人気の山です。
JR九州鹿児島本線の教育大前駅で下車、教育大付属幼稚園の正門を目指して北に。駅から12~13分程度で案内板のある登山口に。ここは、水汲み場もあり、美味しそうな地下水が汲めるようです。登山口ははっきりして分かりやすい。途中、多くの登山者と出会います。10分程度で三郎丸分岐、さらに10分で山頂に。
山頂は広く、南北の眺めが良い。当日は天気が良く、山頂から世界遺産の沖ノ島、壱岐などが見えました。休憩後、南岳まで30分、さらに北岳(金山)まで10分の縦走をしました。
山頂から144Mを運用、熊本コンテスト参加中のJK2XXK/天草市など5局とQSOできました。
JK6CJK嘉麻市・JK2XXK/6天草市・JH6RRR北九州市他2局
JR教育大前~城山山頂まで30分~北岳まで40分~城山山頂40分~教育大前駅20分
202001宗像市城山 (1)
城山から沖ノ島遠望
202001宗像市城山 (7)

②田川郡添田町岩石山454m
日田彦山線は、災害の影響で添田までしか行きません。早朝に自宅を出ても11:15にやっと添田駅に到着。本数が少ないので時間配分には注意です。
登山口は、駅から歩いて10分の添田公園。ここには、温泉施設もあり時間があれば入りたいところでした。登山口は何カ所かありますが、今回は歩きやすい正面登山道を。途中、展望台や休憩所もあります。迷うこともなく、登山口から35分で山頂に。山頂には、展望台があり添田市街、直方の福智山、南に英彦山が良く見えます。少し下ったところに八畳岩・国見岩の展望所もありますので必見です。
今回は、帰りの12:52添田発に乗らないと、次まで相当時間を持て余すことになるので急いで下山。
上り:駅から45分
下り:駅まで35分
201908岩石山 (2)
201908岩石山 (1)


① 防府市八幡岳352m
ここに登るのは約18年振りで、当時の記憶を頼りに登山口を探すことに。防府市内より県道24号線を徳地方面に。平成21年の大水害で大きな犠牲を出した老人保健施設ライフケア高砂が見えたら左折。坂道を上がっていくと、森林公園の標識がある。登山口は何カ所かあるが、駐車場のあるもみじの広場が適当。橋を渡り、快適な遊歩道を歩く。途中、八幡岳1200mの標識に従い真砂土の登山道を登っていく。尾根に出ると、一旦下り再び急坂を登る。登山口より30分で山頂に。山頂には標識らしいものはないが、三角点がある。少し下ったところに大岩があり展望が良い。すぐ目の前には、右田ヶ岳、矢筈ヶ岳が鎮座しているのが見える。山頂は、360度の展望で、特に周防灘方面から国東半島の眺めが良い。
ハンディ機を持参したが、天候が悪くなり取り出すことなく下山。
上り:30分、下り25分
PC220997
PC220995
②山口市(旧徳地町)真田ヶ岳620m
ここも約30年振り。登山口は、国道376号線の荷卸峠。山村広場の標識に従い、中国縦貫道下の狭い舗装路を山手に進み突当りを右折すると直ぐに標識のある登山口に。駐車場がないので手前100mのスペースに停める。先の、山村広場は閉鎖されており入れない。
登山口入口は林道で、入口は鎖で施錠されており乗り入れできない。林道は荒廃が進んでおり、とても車では入れないが、徒歩なら支障はない。10分も歩くと林道終点に。さらに10分の山道(一部舗装路)で尾根に出る。左折する道もあるが、以前は中継所があるのみでした。山頂へは右折し細い山道を行く。途中で小さなピークを2つ超えるとやがて視界が開け山頂に。
山頂は、360度の展望で、山口市内、1000m級の西中国山地の山々、周南市大津島方面、防府市内から国東半島まで想像以上の絶景でした。
山頂から144MHZを運用、100mwで2局(JA4GTK山口市・JO4JAE周南市)、2wで1局(JK4KHZ廿日市市冠山)QSOできました。また、福岡市内や松山市内の局も強力に受信できました。
下山は同じルートを、滑りやすいところもあり注意が必要です。
上り:40分、下り:30分
PC281055
PC281059


九州の山歩き⑮【九州百名山 開聞岳924m】
ここに訪れるのは18年振り。この時に、車を駐車した登山口駐車場は今回使用できず、かいもん山麓ふれあい公園に駐車。駐車場は無料で、売店や管理棟がありました。ここから公園の中を歩いて、登山口まで10分。登山口は2合目とあり、ここからはいよいよ細い山道です。森林の中のやや歩きにくい、岩がゴロゴロした山道を歩くこと50分でベンチと展望デッキのある5合目に。このあたりから樹木の中に太平洋が所々見えます。5合目から30分程度で8合目、いよいよ急な登りになりますが、9合目を過ぎると絶景が見えてきます。階段や鎖を使って最後の急登を一気に登ると360度の絶景の山頂に。当日は、天気は良いものの黄砂の影響で桜島や種子島は見えませんでした。それでも、麓の指宿市や南九州市、枕崎市などは良く見えました。山頂は岩がゴロゴロで、さほそ広くありません。当日は、好天に恵まれ多くの登山者がいたので狭く感じました。
山頂からはVX-5(2W)とホイップで144MHzを運用、鹿児島市内の2局とQSO。
JH6TGJ鹿児島市/JH6KKN鹿児島市(なんと、18年前にこの山からQSO頂いてました)
「歩行時間」
上り:山麓ふれあい公園⇒10分⇒2合目登山口⇒50分⇒5合目⇒20分⇒8合目⇒25分⇒山頂 1時間55分
下り:山頂⇒50分⇒5合目⇒45分⇒山麓駐車場 1時間35分(休憩、写真撮影時間を含む)
2019鹿児島山登り (16)
2019鹿児島山登り (6)

九州の山歩き⑯【九州百名山 磯間嶽363m】
南さつま市大浦地区にある修験道修行の険しい岩山です。標高が低いため簡単に登れますが、垂直に近い鎖場もありとても怖い思いをしました。
登山口は最短時間で登れる、上都賀登山口(北口の標識あり)です。階段を上がると直ぐに急な山道です。踏み跡が分かりにくいのですが、赤いテープを目印に登ります。山頂間近に切り立った岩場があり、鎖と手掛かりで這い上がります。山頂は、広くありませんが展望が良く北西方面の東シナ海が絶景でした。さらに南東方向に、開聞岳も見えました。
下山も同じルートですが、先の鎖場はとても慎重に下りていきました。
とてもマイナーな山で、誰一人出会いませんでした。
上り:13分
下り:8分⇒上都賀登山口(休憩、写真撮影時間を含む)
2019鹿児島山登り (21)
2019鹿児島山登り (26)

九州の山歩き⑰【九州百名山 野間岳591m】
南さつま市の薩摩半島最西端に位置し、東シナ海の絶景が眺められる最高のロケーションです。先の、磯間嶽からも近く、セットで登山が可能です。
登山口は、最短ルートの野間神社です。ここの標高は340m程度ありますので、山頂までの標高差は250m程度です。神社麓に駐車、境内の右横が登山口です。階段状の山道を登っていきます
。途中、2か所の展望所があり眼下に東シナ海が良く見えます。
山頂からはほぼ360度の絶景で、野間岬、薩摩半島西部(日置市・いちき串木野市方面)、甑島などが見えます。距離的には、種子島や開聞岳も見えますが、当日は黄砂で見通しが良くありませんでした。
山頂から144Mを運用しましたが、高千穂峰に移動していた1局のみでした。
上り:20分
下り:15分
2019鹿児島山登り (27)
2019鹿児島山登り (29)

九州の山歩き⑱【九州百名山 冠岳(西岳)516m】
前述の2座
を下りても12時過ぎだったため、少し離れているものの簡単に登れそうだったので追加しました。ここは、観光地なのか国道3号線に何カ所か標識が出ていました。登山口は、いちき串木野市西岳登山口。ここまで、舗装路があり乗用車でも入れます。草地の駐車場に車を停め標識を目印に、階段状の山道を登っていきます。途中に、南側の眺めの良い天狗岩に出ます。さらに急な山道を登ると冠神社のある山頂です。ここは、西岳とあり標高が一番高いところですが、東方面に縦走路が続きます。
山頂は広い草地で木陰もありのんびりできます。南側の180度の展望が聞きます。
144MHZ運用、QSOできたのは指宿市のJA6ELQ局のみでした。
上り:15分
下り:10分
2019鹿児島山登り (38)
2019鹿児島山登り (36)


【九州百名山 中山仙境317m】
登山口は、何カ所かありますが、最短は豊後高田市香々地町の夷耶馬農村公園駐車場で、トイレと休憩所があります。
休憩所の中程の階段を降り、川を渡ったところが登山口です。その直後に、右に行く道と真っすぐロープで登る直進道とがありますが、右側の道がベターです。(私は直進し道に迷いました) 暗い林の中の山道を15分ほどで前田からの登山道と合流します。ここまで標識らしいものはありませんが、テープが頼りでした。ここからは尾根沿いのはっきりとした登山道ですが、ロープや鎖を使ってのアップダウンが続きます。途中、無明橋という肝試しのような怖い橋がありましたが、迂回路でスルーしました。山頂直下は、ますます険しい岩登りを強いられました。登山口から45分で360度の絶景が楽しめる山頂に。
山頂には、祠らしきものがありますが広くありません。山頂から直下をのぞき込むと絶壁で、強風時にはとても怖いのではないでしょうか。ここから周防灘方面の眺めが良く、天気が良いと山口県宇部市~防府市あたりが見えます。
登り:45分
下り:30分
201910中山仙境 (20)
201910中山仙境 (17)
201910中山仙境 (6)


【九州百名山 求菩提山782m】
ここは、信仰の山として有名で、白装束の山伏のような修行者と出会いました。
北九州市から豊前市内に国道10号線を南下、求菩提山入口の標識に従って県道32号線を右折。
車で20分
も走ると求菩提史料館前のバス停に。ここから歩いても良かったのですが、さらに10分程度車道を登った座主坊園地駐車場に。トイレと広い駐車場があり、ここから階段状の道を歩き始めます。山道は湧き水が出てぬかるんでいるところもありました。何カ所か分かれ道がありましたが、寄り道をせず歩くこと15分で中宮神社に。ここからは石の階段の連続(鬼の階段)ですが、10分程度で山頂の上宮に。山頂には神社があるのみで山頂らしくありません。眺めもなく物足らない景色です。この一帯は九州自然歩道に指定されており、一周するのも良かったのですが、お弁当も持参していなかったので下山しました。
下山後立ち寄った求菩提史料館は無料です。ここから犬ヶ岳に登ることができますが、25年前に登ったので今回はパスしました。
登り:25分
下り:17分
201910くぼたて山 (7)
201910くぼたて山 (2)


防府市矢筈ヶ岳460
10月になったのに夏日が続いています。それでも、絶景を求めて防府市の矢筈ヶ岳に出かけました。
この山に登るのは、1年振りですが、前回はあまり好天ではなかったこと、無線機を持参しなかったため、再度のチェレンジです。
登山口は、防府バイパスから敷山城跡の標識に従い狭い舗装路を道進、5~6分程度で行き止まりの登山口に。ここからいよいよ山道です。10分ほどで防府市の史跡「敷山史跡」に着きますが、ここが山城であったことは想像できません。さらに急登を15分程度で巨岩のある展望所に。標高は山頂より30m程度低いものの絶好のロケーションです。当日は、天気が良く九州方面(国東半島~中津~豊前)、かすかに、別府鶴見岳も見えていました。東は上関沖の祝島から四国佐多岬まで見渡せます。三角点は、ここから10分弱のところにありますが、展望はほぼありません。少し下ったところから南の周防灘が見えます。

登り:35分(登山口~10分敷山城跡~15分巨岩~10分山頂)
下り:25分
山頂から、144MHZを運用
JA4BEV、JA4RAD(20年振り?)JH4SXA (VX1 100mwでQSO) TNX
201910矢筈ヶ岳 (8)
201910矢筈ヶ岳 (2)
201910矢筈ヶ岳 (11)


↑このページのトップヘ