jh4ouhのblog

アマチュア無線、山歩きなどを趣味しています。ぜひご意見ください。

カテゴリ: アマチュア無線

今年も、九州百名山登山を終え、宮崎県内局として宮崎コンテストに参加しました。
今回の運用地は、JCC4506日向市米の山です。登山の汗を流すため、門川町の温泉に入りましたが、そこから日向市内までは15分程度です。米の山は市街地からも近く簡単に行けます。一帯は、公園化されており、日向灘の絶景も楽しめます。山頂近くまで車で行け、駐車場から展望台のある山頂までは3分程度です。展望台からは、宮崎市内、日向市内、水平線まで見える太平洋に感動しました。
駐車場はそれほど広くありませんが、ツエップアンテナ程度は設置可能でしたので、7/21M用(短縮型)と14M用の2本のアンテナをを上げました。18時からのコンテスト開始時には、14/21Mは開けていましたが、コンテスト参加局は多くないようでさほど呼ばれず、山登りの疲れもあり19時にはQRTしました。翌日は、コンディションを期待して50M用の2エレHB9CVも上げました。07時、14Mから運用開始です。08時までは余りコンディションは良くありませんでしたが、次第に開け、1・2・7・0中心に強くなしました。10時を過ぎると、3・4・6エリアからも呼ばれコンディションが良くなったことが確認できました。同時に50Mも開けましたが、CWでの参加局が少なくあまり呼ばれません。50MのGWでは、山口市内の局ともQSOできました。宮崎コンテストは、ハイバンドのコンディションが良い時期に開催されるコンテストですが、やはりローカルコンテスト故、参加局は限られるようでした。
今回は、18Mのツエップも持って行ったので合間に運用しました。QSO頂いた各局に感謝します。
「宮崎市内方面」
P6022802
「山頂駐車場」
P6022801
日向市内方面
P6022797
「先ほど登った大崩山方面」
P6022793

2024.5オール山口コンテストVUHF部門
昨年は3位に入賞できたことで、気を良くして今年も参加しました。
昨年同様に、土曜日の午後から大島郡の飯の山を目指して移動しましたが、県道の工事中で中腹から通行止めです。県道なので事前に調べておけば良かったと悔やまれます。仕方なく、他を当たることに。比較的近くて、車中泊を考えた時に快適な岩国市銭壺山・光市コバルト台地を候補にしましたが、光市コバルト台が帰り道なのでそちらに変更。40分かけてコバルト台まで行きましたが、地元の局が既にアンテナを上げていました。さらに変更をとなると時間がないため、近くで車で行ける同市茶臼山に行きつきました。ここは、標高が260m余りと低く、東方面には良くありません。到着した時点で既にコンテストの開始時間です。直ぐに、50M用に2エレHB9CV・144/430M用のアローラインを15分で設置しました。少し遅れましたが、1815から何とか参戦出来ました。やはりロケーションの悪さからかあまり呼ばれません。県内はそこそこですが、近隣が中心で35広島はできません。20時過ぎには聞こえる局もほとんどなくなったことでQRT。山頂は車中泊できる環境ではないので帰宅することに。自宅までは45分ですのでさほど苦になりませんでした。
翌日は早朝から比較的近い下松市笠戸島に移動しました。移動地は海抜30m程度で、VUHF向きではありませんが、駐車場も広くトイレもあります。また、HF帯のアンテナも設置できることから、エレメントのみ自作の18Mツエップも上げて運用しました。やはり、VUHFは期待以下でした。期待した50Mは昨年ほどの参加局がいなかったと感じました。暇な時間で18Mのアンテナをテストしました。少し開けたので20局程度でき、バンド内アンテナのSWRは1.3以下に収まりまずまず使えそうです。
本命のコンテストの方は、IC-7000がトラブルを起こし50Mのみ送信できなくなり、11時過ぎには運用を断念しました。結果は、全49局と昨年の半分以下でした。それでも、日頃コンテストではあまり出ない電話部門での参加で、お馴染みさんとお話しできたことには意義がありました。
帰りに道、下松市の低山を歩いてみました。(詳しくはYAMAPをご覧ください)
光市茶臼山の運用地点(眼下は光市内)
P5182624
下松市笠戸大橋(宮ノ洲山山頂から)
P5192638
下松市の運用設備
P5192630
笠戸島の公園で見つけた戦前下松市で製造されSL



P5192635

「今年も山登りを兼ねた6エリア管内の移動運用に」
4月18日~4月21日まで九州百名山を登りましたので、その合間に移動運用しました。
・JCG45005H東臼杵郡椎葉村
宮崎県・熊本県の県境の小川岳に登り、下山後に宿泊先の仲塔渓谷の館(廃校になった小学校)のグラウンドをお借りしての移動運用です。実は、2年前にもここを利用し、ここから宮崎コンテストに参加し、居心地が良かったので再度訪問しました。運用場所は、小学校のグラウンドですので、敷地は広く1.9Mのダイポールも張れます。今回は、10Mのツエップを張って運用しました。コンディションも良く1時間20分の運用で85局とQSOできました。欲張って全長6mのブロードバンドアンテナ(メルカリで買える)を張り、7Mにも出てみましたが、1局もできませんでした。(このアンテナについては後日レポートします)
・JCG45003C西臼杵郡日之影町
西臼杵郡高千穂町と日之影町にまたがる二つ岳に登り、麓の天岩戸神社参拝後、近くで運用できる場所を捜しここに行きつきました。この日は日差しが強く暑かったので10Mを45分だけ運用しましたが、55局とQSOできました。この辺りは温泉が多く、早々にそちらで癒されました。
・JCC4314阿蘇市
この日は、雲行きが心配だったので早朝から竹田市緩木山・越敷山に。昼過ぎには下山できたので隣の阿蘇市で運用。以前から秘境駅?として気になっていた阿蘇市波野村たきみず駅を訪問。その近くの路側帯から運用しました。1時間余の運用で74局とQSOできました。今日の温泉は、200円で入浴できる一の宮温泉です。
・JCG43002C阿蘇郡小国町
前日の雨が一時的に上がったので、近くの森林公園駐車場から10Mを運用しました。日曜日の早朝だったことでワッチしていた局が多かったのか、1時間で78局と効率よくQSOできました。ここ小国町は温泉の宝庫です。
・JCG40011B築上郡吉富町
築上郡は珍しいJCGではないのですが、この吉富町は私がQSOしたことがないので移動しました。あいにく小雨だったので、ツエップの設置を諦めダイヤモンドのロングタイプアンテナRHM-10で運用しました。前日までのツエップのようには呼ばれず、頂くレポートも599以外が増えました。コンディションもあまりパットせず運用は35分で39局止まりでした。
「東臼杵郡椎葉村移動」
202404椎葉村仲塔渓谷の館 (6)

阿蘇市たきみず駅
P4207141

阿蘇郡小国町移動(旧国鉄宮原線の駅)

P4217143



「広島WASコンテストに広島県内から参加」
昨年に引き続き、広島WASコンテストに乗り込みで参加しました。エントリーするバンドをかなり迷いましたが、昨年同様に1.8Mおよび14Mとしました。今年は、コンテスト以外にも目的があり、無線の合間には山登りをしました。土曜日は、午前中に大竹市の低山に。昼前には、運用予定地の広島市佐伯区に現地入り。岡山のOMのリクエストもあり、1時間弱10Mを運用。WAKUの要求度がどの程度かは不明ですが、コンディションが良く適当には呼ばれました。
13時過ぎには無線は一旦休止し、ここが登山口の佐伯区小畑山に登りました。往復2時間15分程度でしたが、広島市内の絶景が堪能できました。下山後一休みして、1.8M/1.9M用をアンテナ設置しました。昨年、下見をしておいたのでスムースに設置でき、夕方日没から1時間程度1.9Mを運用しました。
コンテストは21時からです。参加局の信号は予想以上に強力でした。それでも、私のCQは空振りばかりで、送信に問題がないかと電源系をチェック。送信時電圧降下が起きていることが考えられました。電圧は固定されており、そのまま運用するしかなく、30分のロスで運用再開しました。夜半には小雨になったので、少し早めに切り上げました。成果は、今年はSSBも運用したことで、昨年を少し超えた程度に止まりました。
翌日は、運用地を安芸郡府中町の揚倉山健康運動公園に移動。ここは運動公園で一般の利用者が多く、アンテナの設置には目立たないように気を使いました。ただ、標高100m程度あり西側には開けています。GWを期待して14Mの他に50Mのアンテナも上げました。昨年は、ハイバンドがかなり開けたので期待したのですが、昨年には及びませんでした。このコンテストはシングルモード部門がないので、別々にカウントできるSSBの運用局も重要です。それでもCWがメインとなりました。結局、50Mはあまり聞こえず3局に止まりました。12時に撤収後、ここから簡単に登れる府中町の茶臼山・揚倉山に登り、2日間で5座ゲット。
写真①は、府中町茶臼山から広島市内
写真②は、佐伯区小畑山から広島市内
写真③は、大竹市内大河原山から大竹市内


202402府中町茶臼山揚倉山 (12)

202402広島市佐伯区小畑山 (13)

202402大竹市の山登り (11)






東京ハイパワーHT-140(7MHz専用)
ある方から、珍しい無線機を譲っていただきました。1989年の東京ハイパワー総合カタログに載っており、シリーズで3.5M~50Mまでのモノバンド機6機種を販売していたようです。
※50M用専用機HT106は先行発売
モードはSSBとCW、出力は10wです。VFOはPLLデジタル表示、NB・RITなど必要最低限の装備でとてもシンプルです。入手した無線機には純正のCWフィルターが内蔵されていました。ただ、可変周波数は100Hz単位なので、CWでの交信ではゼロインが難しいようです。受信感度も最近の無線機と遜色なく、QRP?と割り切っての国内QSOでは十分実用になります。
上に乗っているのは、一緒に頂いたミニ電鍵です。

P2176821

P2176822

P2176824
P2176825

「2024年1月 熊本コンテストに参加」
このコンテストには、これで3年連続での乗り込み参加です。一昨年は玉名市、昨年は天草郡からの参加ですが、今年は昨年移動した際に下見したJCC4316合志市から参加しました。昨年同様、移動運用だけではもったいないので、ここに来る前に、大分県玖珠郡の万年山、熊本市内の低山に2山登ってから来ました。コンテストは09時開始なので朝はゆっくりできます。当日の最低気温は氷点下3度で、現地に到着した0830でもかなりの冷え込みでした。アンテナは、7/21M用の短縮型ツエップ、14M用のフルサイズツエップアンテナを設営。09時コンテスト開始直後は7Mを運用しましたが、最初の30分はかなり呼ばれました。その後はパラパラで適時14MにQSY。14Mは昨年よりかなりコンディションが悪く呼ばれ続けることはありませんでした。7Mも昼前にはコンディションが落ち12時に一旦運用を中止し撤収しました。夕方から1.8Mを運用する予定でしたが、その間の時間を利用して、短時間で登れる合志市内の低山4山に登りました。合志市は熊本平野に位置に、低山でもVUHFでは良く聞こえていました。16時過ぎ、再び戻り1.8M用のフルサイズDPアンテナを設置。一方が、木立の中に張った影響からSWRが2.5と高かったので、ATUを利用しました。17時過ぎからの1時間が勝負です。バンド内は静かで、聞こえていた山口市内のお馴染みさんのCQに応答しました。その後も、CQtestにもほとんど応答がなく焦りました。18時までに19局がやっとでした。コンテスト終了後、1.9MにQSYし移動運用しましたが、1時間弱で20局しかできませんでした。
QSO頂いた各局に感謝します。
P1076658
P1076657

「オール九州コンテストにJCG40007鞍手郡から参加しました」DeJA6EFA
今年のオール九州コンテストはどこに移動しようか悩みましたが、1.9Mのアンテナを張るスペースが確保できる場所が前提となることから、事前に下見をしておいた鞍手郡小竹町からに決定しました。約9年前にここから10Mの移動運用をしたことがあり、ある程度の事情がわかるところです。1.9Mのアンテナを明るいうちに設置するためには、早めに到着することが必須でしたが、なんと1.9Mのアンテナを忘れて引き返したことで45分のロスとなりました。それでも、福岡県の日の入りは17:30頃だったので、ギリ日没に間に合いました。今回も1.9Mでコンテスト前の移動運用を試みましたが、最近は1.9Mは運用局が少なくなったようで、12局しかできませんでした。
コンテストは21時から開始ですが、昨年より参加局が少なく感じました。QSOの大部分は21時台のもので、2230を過ぎると応答がほとんどなくなりました。ただ、6エリア内の局からの応答が多く、他のエリアからの参加局は楽しめたのではないかと思います。昨年は夜だけの運用でしたが、今回は早起きして06時台の日の出寸前にも運用しましたが、こちらは1局もできませんでした。
23日(祝)は、1.9Mのアンテナを下ろして、7/21Mツエップ、14Mモノバンドツエップに上げ替えました。08時に7Mからスタートしましたが、出始めの1時間はかなりのハイペースで呼ばれました。その後はコンディションが悪いのか余りは\呼ばれません。14Mもそこそこのコンディションで、11時台まで開けていました。また、21Mも開けていましたが、参加局が少なく4局止まりでした。なお、28M以上は未確認です。コンディションも落ち、例年通り12時前にはQRTしました。今回、3.5Mは運用していませんが、モノバンドでの参加と割り切れば7・14Mが楽しめるかと思います。
QSO頂いた各局に感謝します。QSLは希望の局のみ発行します。
敷地も広く、ほとんど人も来ないのでゆっくり運用できました。
PB236245
PB236244

九州百名山登山の合間に6エリア内で移動運用しました
(1)11月3日:JCG43008球磨郡五木村
球磨郡は広範囲で多くの町村があり、私自身も未交信町村が多くあります。今回は、九州百名山の保口岳(八代市)の麓に位置する五木村からの運用です。(自分自身も未交信)五木村を訪れるのは、2回目ですが、前回は無線の運用はしていません。五木村は球磨川の上流に位置し、ほとんどが山岳地の谷間で、ロケーションを選ぶような運用地もほぼありません。運用地は球磨川沿いにある横手公園です。10Mのツエップアンテナを設置し1時間余の運用でしたが、60局余りQSOできました。
運用後は、道の駅子守唄の里五木近くにある五木温泉夢唄(500円)で汗を流しました。
202311球磨郡移動 (5)
202311球磨郡移動 (3)

(2)11月4日:JCG43009下益城郡美里町
運用は九州百名山大金峰・小金峰下山後です。時間的な余裕がなく、車で5分程度の二本杉峠展望駐車場で運用しました。二本杉峠の標高は1000mを超えており、VUHFでも良く飛びそうでした。展望所からは熊本市内から島原半島まで展望できます。ただ、整備が老朽化しており、かなり薄暗く寂しいところでした。駐車場は未舗装ですが広いので、7Mのフルサイズでも大丈夫そうでした。
ここでは、10Mを1時間弱運用し52QSOでした。
202311下益城郡移動 (4)

JCC4008大牟田市
大牟田市は特に珍しいJCCでもなく、これまで通過するだけで運用したことはありませんでしたが、自身が10Mでは未交信でしたので運用してみました。1時間にも満たない短時間運用でしたが、快晴の秋晴の中、39局とQSOできました。今回運用したところは、1.9MのDPも張れそうだったので、次回は1.9での運用を試みたいと思います。

P3213577




「福岡コンテストにJCC4010から参加」
このコンテストは昨年に続いての参加です。コンテストは、9月30日21時からの開催ですが、今回も日曜日のみの参加です。20局以上QSOすると記念品がもらえるのが良いですね。今回使用した7MHz用のツエップアンテナは給電部のみ廃材としてクラブ局からの頂き物があり、それを山口市のOMから頂いたIVケーブル20mをつないでみただけですが、無調整でSWR1.2以内と良好に動作してくれました。さすがにフルサイズの威力は絶大で、コンテストは7Mからスタートしましたが、運用開始直後の30分で50局を越えました。その後は、コンディションが下がったのか思わしくありませんでした。午前中は、14Mのコンディションも良く、運用のメインは14Mでした。今回は、21/28MのアンテナがRHM-10だったことで開けていた時間帯でもほとんど呼ばれませんでした。今回の運用地は、スポーツ公園の駐車場で標高が高いわけではなかったので、VUHFは430Mの1局だけでした。
QSO頂いた各局に感謝します。QSLは希望の局には紙QSLを発行します。
アンテナは7M&14M用ツエップ/50・144・430用VX-1000
PA016130






全市全郡コンテストに参加しました
昨年は、大分県から430MCW部門で参加し、5局しかできませんでしたが、今回は山口県内からの参加です。今回の移動地岩国市はFDコンテストでも運用したところです。標高540m余りですが、北以外は開けており、海の見えるロケーションは夜景も見えて快適です。
結果は、昨年を大きく超える13局とQSOできました。
今回使用したアンテナは、144/430用ノンラジアルGP・VX-1000と430M用マスプロ8エレスタックです。ほとんどがVX-1000でのQSOですが、こちらの方が応答率が高いと感じました。
DSC_0675

【鹿児島から10MHzで移動運用と温泉】
JCG46008L肝属郡肝付町
この日は、同じ肝付町内の甫与志岳967mに登った後の運用です。当日は、熱中症警戒アラート発令の中です。早く温泉に入りたいとの思いから短時間運用でした。結果は、コンディションも良く、平日にも関わらづ、55分余りで58局できました。温泉は、鹿屋市の湯游ランドあいらを予定していましたが、現在休館中で、錦江町のトロピカルガーデン温泉に変更。ここは入浴料330円で錦江湾の絶景が楽しめます。
JCC4622志布志市
志布志市は私自身CWで未交信なので少しは珍しいかと思い移動しました。この日の山登りは南大隅町稲尾岳930mです。佐多岬までは程近いところで、ここから40k弱ある志布志市まで移動。運用開始が少し遅れましたが、土曜日の午後ということで運用局が多く、1時間10分の運用で81局と今回の移動運用で最高でした。温泉は近くの大崎町篠段温泉に行きましたが、昭和の雰囲気たっぷりのひなびた温泉でした。何も設備はなく入浴料400円はやや高いかと。
JCC4615垂水市
この日の山登りは、鹿屋市と垂水市に跨る大隈山系御岳1181m・大箆柄岳1236mの縦走です。さすがに6時間の山歩きはしんどく運用する気力に欠けましたが、錦江湾沿いを走行していると適地があり結局短時間だけでもと運用しました。あいにく、錦江湾は霞んでおり、桜島の山頂は見えませんでした。50分余り運用でしたが、60局とのQSOは満足です。温泉は、道の駅たるみず併設の温泉館に行きました。入浴料350円ですが大満足です。天気が良ければ桜島が間近に見えます。
※九州百名山関係は別途掲載します
【本当ならこんな景色です】
201811鹿児島大隅半島 (28)

志布志市の運用地





P9166024



2023年8月恒例のFDコンテストに昨年と同じ岩国市銭壺山から参加しました。
毎年のことですが、この時期の移動運用は暑さとの戦いです。先週からの猛暑で、標高540mの山頂でも日差しの下では暑さ対策をしていないと耐えられないくらいでした。それでも夜は涼しく、冷房なしでも快適に過ごせました。
このコンテストは数年前から21時開催、翌日15時終了となりましたが、高齢ハムが増えた昨今、元の18時から12時の方が参加しやすいのではないかと思います。今回は、昨年同様明るいうちにアンテナを設置しました。やはり、21時開始まで時間を持て余し、缶ビールを2本も飲んでしまいました。144Mはマスプロ製10エレ×2、50M用は自作のスクエアローアンテナ、144/430M共用にノンラジアルVX-1000を設置しました。昨年は、144/430M共用がアローラインでしたので期待できるかと。メインはあくまで144Mです。
21時から少し酔いが残る中、144MHzCW/GPアンテナでスタート。スタート直後いきなり09・29からCALLされコンディションが良いのかと期待しましたが、その後は続かず。21時台はまずまずの滑り出しでしたが、23時にはほぼ新しい局は聞こえなくなりQRT。期待したGPでもそこそこ聞こえましたが、6エリアは参加局がいないのか40/44以外は聞こえませんでした。時間を見て時折430Mを聞くも、誰も聞こえません。翌日も同様で、結局430Mでは4局がやっとでした。一方、50Mはスクエアローでは、18/19/20/21/22とQSOできるなど想定以上でした。
翌日は0645~運用を開始しましたが、昨日よりはコンディションは良いのか、2・3エリアの信号が強くなりました。途中からSSBでは2・3エリアが強力に入っていたので、聞こえた局とはナンバー交換をしました。12時には気温が高く暑さに耐えられなくなりQRT。昨年のQSO数・マルチとも及びませんでした。今回使用した、ノンラジアル3バンドGPのVX-1000は、144Mのカタログデータ利得は2.15㏈です。1/2λモービルホイップと同値ですが、2エリアまでできたことで、コンテストでは十分実用になるのではないかと思いました。(現在は販売されていません)
山頂では、昨年同様に5名のハムとアイボール。内4名は昨年と同じメンバーで、お互い安否確認をして安堵しました。
TNX・・・JH4NHF/JA4RAD/JR4XMT/JA4TSF
この方向で、松山市の花火が見えました
P8055730
P8055724
30年以上使用しているマスプロ製ウエーブハンターです。
右下のアンテナは自作スクエアロー、VX-1000です。
P8055720




2023年6m&Downコンテストに参加しました(JA6EFA/6 JCG41005)
毎年、このコンテストは佐賀県から参加しておりますが、今年は大雨警報発令のさなかです。移動するかどうか迷いましたが、安全を最大限考慮し雨が収まるのを待っての出発。移動先を西松浦郡有田町の国道498号線国見トンネル入り口側の駐車場に(標高は400m程度?)。ここは、大雨による災害リスクも低く、広い駐車場とトイレもあり安心して無線ができます。ただ、東から西方面は開けていますが、西から北方面は標高700m程度の山が連なっており全くダメです。
アンテナは、50M用は自作の4エレHB9CV、144/430M用には昨年までは八木アンテナを使用していましたが、悪天候時に設営・撤収が楽なことから無指向性のノンラジアルタイプのGPにしました。
さて、コンテストですが、21時から6mメインに運用するもあまり呼ばれません。悪天候で移動運用する局が少ないことと、こちらのロケーションが良くないことなどが考えられます。特に144/430Mは全く捗りません。430Mに至っては、この日のQSOはゼロです。翌日も入れても1局だけでした。144Mも6エリアのみで10局にも満たない成果でした。
6mは土曜日にわずかに8エリアがオープン。翌日は、9時半を過ぎたころ8エリアから聞こえ出し、11時を過ぎから一気に1エリアが大オープン。ピーク時にはかなりのパイルになりました。ただ、帰りの時間を考えたら12時の撤収がタイムリミットと考え、コンディションの良い中でしたが、泣く泣くQRTしました。今回は、Esp狙いの移動でしたが、撤収間際に強力なEspが開け報いられました。また、届かないと思っていたバックの長崎県内の局とは思っていた以上にできました。目標には遠く及ばず、昨年の成果にも届きませんでした。
6mで交信できたマルチ:
101/103/104/105/106/108/109/112/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/13/14/16/19/20/21/25/26/27/
35/36/37/38/40/41/42/43/44
山口県内局とは3局だけでした。JE4JPQ・JJ4DQY/4・JE4EZP/4
QSO頂いた局に感謝します。


P7015466


宮崎コンテストに参加(JA6EFA)
昨年、このコンテストに宮崎県内局として14Mで参加し、県内局1位で入賞できたことに気を良くして、今年もチャレンジしました。今回は、前日に山登りのノルマをこなしたことで安心して参加できました。
運用地は、昨日登った山の麓にあたる西臼杵郡日之影町の運動公園です。周りは高い山に囲まれ、ロケーションは良くありません。初日の土曜日は、道の駅からRHM-10で冷やかし程度に出てみました。20分もすると呼ばれなくなり、疲れもあってQRTしました。今回は、他のコンテストも重なり呼ぶ側も混乱していたかと思います。日曜日は、朝から14M用にツエップアンテナ、50M用の2エレHB9CVを上げました。0740から運用開始。14Mはコンディションが良く全エリアが開けていました。途中、50Mがオープンしたのでそちらに重点を置きます。ただ、開けているのに全く呼ばれません。地方の単独コンテストではこんなものかと納得せざるを得ません。梅雨とはいえ夏日の車の中は暑くなり1130にはQRT。その後のコンディションが気になりましたが、帰りの時間もあり早めに撤収しました。今回は、14M・50Mの2バンド運用でしたが、50Mモノバンド部門にエントリーしました。
QSO頂いた各局に感謝申し上げます。QSLは希望の局にのみ送付します。

P6045402

【2023年5月山口コンテスト参加記】
このコンテストは、5月の第二週がHF部門、第三週がVUSHF部門に分かれて開催されます。昨年まではHF部門をメインに参加していましたが、今年は久々にVUHF部門に重点を置くことにしました。このVUHF部門には電信部門がありませんので、音声通信にもかなり主軸を置くことになります。
(HF部門)
18時開始ですが、14Mが少しだけ開けていたのでそちらからスタート、15分程度で21Mも聞こえていたことで14~28Mを運用。我が家の設備は貧弱で、1.8~7MはCQを出しても呼ばれないので、サービス程度にとどめました。翌日の日曜日は、久しぶりの好天だったので下関市の山登りに出かけたので運用せず。結果は36QS0でした。1.8Mの5局は立派?
(VUHF部門)
この週末は、広島サミットの影響で厳重警戒のさなかです。主要な通信設備のあるところには移動できないことが予想されたので、多分大丈夫であろうと思われる大島郡周防大島町に飯の山に行きました。やはり予想通り、警察による警備もなく安心して運用できました。
ここには周防大島町(旧大島町)に住んでいた時からよく移動していた場所ですが、はっきり言ってあまり期待できません。ただ、運用地までの経路や運用のしやすさ、トイレもあるなどのメリットもあります。また、展望台からの景色は絶景で、天気が良い日中は多くの観光客が訪れます。
さて、コンテストは18時開始です。最初に覘いた50Mはほとんど聞こえません。仕方なく144MのFMからスタートしました。このコンテストは、電信・電話での重複QSOでもカウントできますが、144/430Mの電信で運用している局はほぼ皆無です。(ワッチ不足は否めませんが)
FMでQSOした後にQSYを依頼する方が効率的でした。ただ、50MだけはそこそこCWでCQtestが聞こえており、CW部門の独立の必要性を感じました。
当日は22時を過ぎたころにはほとんど応答がなくなり一旦QRT。無線人口の高齢化を感じました。
翌日は06時過ぎから運用しましたが、期待していた50MはESPでのQSOには至りませんでした。福島とVR2のビーコンは聞こえていましたので開けたのかもしれません。
お昼を過ぎたころにはかなり暑くなり1330にはQRTしました。
結果は延べ127QSOでした。昨年のトップの得点には遠く及びませんが、3位争い位にはに食い込めればという程度でした。移動地、アンテナからすれば好成績??でしょう。
アンテナ:50M用 2エレHB9CV
    :144/430用 ノンラジアルGP VX/1000
DSC_0478
DSC_0476
南西方面(室津半島・長島)
DSC_0484

展望台から江田島・広島湾を望む
DSC_0481

「中国製アンテナチューナーATU-100使用記」
中国製でAmazonでは12,800円程度で販売されているアンテナチューナーAT-100を入手できたので、その使用レポートを書きます。
本体の大きさは、160×90×40でスマホを少し厚くした程度と大変コンパクトです。このチューナーには外部電源型とリチュームイオン電池内蔵型とがあるようですが、私の入手したのは電池内蔵型ですので、コードレスでどこでも使用できます。充電用USBコードも付属していました。
取扱説明書がないので、定格や詳細な取扱い方法など不明ですが、ネットでの情報では入力は10w~40wとありましたので、移動運用前提での使用が適当かと思います。IC-705等のQRP機ではパワー不足で動作しないかもしれません。
【使用感】
試しに、日頃使用しているLWで使えないかと14/21/28の各バンドで20W程度のパワーを入れて試してみましたが、予想通りチューナーは動作せず。次に、私の固定用アンテナであるミニマルチの14/21/28MHZ用のロータリーDPでテストしました。このアンテナは、設置から20年以上経過しており、バンドによってはSWRは少し高めです。特に、21/28Mなど帯域の端ではSWRが3.0を越えます。早速、アンテナを接続しモードをAMにして20W程度の出力でTUNEをオンにします。3~5秒程度でチューニングが取れSWRは1.1以内を表示しました。ただ、パワー計は実際よりやや低い値のような気がします。ツエップアンテナでもテストしましたが、ほぼ同様の結果でした。パワー計の表示は、実際と大きくずれている様で、信頼できません。
【結論】
➀ある程度調整の取れたアンテナ(SWR3以内)で使用する。基本的には、屋外型ATUの代替えではなく、内蔵型ATUと同じような使い方が適当。
②最低パワーは10w以上であること。(10W以下ではTUNE動作しませんでした)
③電池は相当時間持ちます。USBなのでシガライタープラグやモバイルバッテリーでも充電可能。
小型軽量で移動運用には最適ですが、メーターの精度もやや不安で、中国製で信頼度は高くないかと思います。実売価格は12,000円程度ですので、割り切れば値段相応かと思います。私の個人的感想としては、信頼のおけるメーカー品マニュアルチューナーが5千円程度で入手できるのでそちらをお勧めします。また、私は、非純正ATUで無線機のファイナルを損傷したことがあるので、是非純正品をお勧めします。(FC-40の記事も参照してください)


す。P4095278
P4095282
P4095281



JCG45004西諸県郡高原町
先の、九州百名山矢岳から下山後、麓の皇子原公園で10Mを運用しました。ここは、東方面に開けた高台に位置しており、ロケーションは良さそうでした。ただ、休日の昼間は公園利用者が多く、場所選びには注意を要します。今回は、短時間運用ですので10Mのみ運用しましたが、コンディションが良く1時間余りの運用にもかかわらず73局とQSOできました。
JCG45001北諸県郡三股町
当初は、西諸県郡皇子原公園で1.9Mも運用するつもりでしたが、駐車場が夜間閉鎖されること、利用者が多くさずがに1.9MのDPは目立つことから諦め、明日の登山ルートのことを考慮し、北諸県郡三股町に決めました。運用した運動公園は高台にありVHFで運用しても面白そうでした。メインは、1.9Mですので、他のバンドは運用せず日暮れを待って運用開始。1時間強の運用でしたが38局とQSOできました。クラスターに載せて頂きTNX・・
なお、翌日は予定していた無線運用は登山疲れでできませんでした。
JCG45006東諸県郡綾町
昼過ぎには釈迦ヶ岳を下山したことで、昼間の短時間ですが温泉施設の駐車場で10Mを運用しました。途中で雨が降り出したことで実質45分の運用でしたが、多くの方にコールいただき64局とQSOできました。一旦、温泉でゆっくりした後、雨が止んだことで夕方から別の場所で1.9Mを運用。平日ということもあり21局に留まりました。
今回は、宮崎県の3郡から短時間でしたが運用できました。1.9Mでは運用場所にも制約があり苦労しました。CALL頂いた各局に感謝します。
今回使用したアンテナは、10M=サガ電子ツエップアンテナ・1.9M=7自作フルサイズDP

【2023年広島WASコンテストに参加記】
昨年に続き、このコンテストに広島県内局として参加しました。今回は、1.8M部門に参加するため、25日からの移動です。
(1)1.8M部門(JCC3512)
移動地はJCC3512大竹市の港湾近くの公園です。早めに到着し、アンテナを設置しましたが、何故かSWRが1.87付近に同調していたことで、今回はアンテナチューナーを使用しました。コンテスト開始までの時間で、1.9Mの移動運用を。最初の15分は全く呼ばれませんでしたが、クラスターに載せていただき1時間程度の運用で40局余りの局とQSOできました。クラスターの威力は絶大と感じました。
一旦QRTしたころには、良かった天気が急変、風雨が強くなりました。1時間程度で収まりましたので、アンテナを1.8M用にギボシを繋ぎ変えます。
21時からはコンテストに専念。最初の30分は結構呼ばれましたが、その後はパラパラに。やっぱり地方のローカルコンテストではこの程度と割り切ります。それでも、著名なコンテスターからもコールいただき、フルサイズDPの威力を実感しました。50局を超え、一通りの局とQSOできたことで23時にはQRT。昨年の入賞局の得点には遠く及びませんが納得できる結果です。今回も電話は運用せず電信のみの運用でした。
(2)14M部門(JCC350108)
当初は廿日市市から運用する予定でしたが、広島市に宿泊したことで、近くの広島市佐伯区の運動公園に行きました。ここは、標高200m弱で南から東方面に開けた場所です。50Mか14Mでのエントリーに迷ったのでどちらのアンテナも上げました。西側の6エリア・山口県方面は厳しく、50Mでは県外はPM54の1局だけでした。
09時から参戦しましたが、思いの外14Mのコンディションが良く、50Mの運用に多くの時間を割けなかったことで、結局14M部門にエントリーしました。14Mでは5エリアを除き昨年を大きく上回る局とQSOでき入賞も期待できます。このコンテストは短時間の短期決戦で移動運用には最適です。反省点は、このコンテストは県外局:県外局のQSOが有効であることで、こまめにサーチすることでマルチを積み上げることが重要と思いました。交信頂いた局に感謝します。QSLは希望の局のみ送付します。
大竹市の移動地
P2254951

広島市佐伯区の移動地

P2264954

KCJトップバンドコンテスト
昨年は参加しなかったこのコンテストにJCG32008鹿足郡から参加しました。自宅は、アンテナが非力なLWです。一昨年のこのコンテストでは、聞こえていても応答がないというストレスをかなり受けたので、今回はCQを出して呼ばれたいという思いから移動運用しました。移動地は、以前KCJコンテストやオール山口コンテストで移動したことがある鹿足郡津和野町つわぶき高原パークですが、ここは山口県境から500m程度で、実家の萩市からも車で40分程度で行け、観光客も少なく目立たない場所です。また、昼間の暇な時間は、実家で農作業に専念できます。
今回のアンテナは、いつも移動運用で使用しているフルサイズDPです。末端のギボシの短絡を解除することで、1.8Mに対応。SWRは1.80~1.82Mでは1.2以内に落ちます。明るいうちに上げたので、事前の移動サービスをするつもりでしたが、先の短絡の接続と解除が面倒なので止めて、コンテストに専念しました。
21時スタート直後はさすがに多くの局に呼ばれましたが、30分程度で一巡したのか余り呼ばれなくなりました。バンド内をサーチするも、目新しい局はあまりいません。午前0時位まではと思っていましたが、23時を過ぎると運用局も少なくなりQRTしました。それでも、これまでは呼んでもコールバックのなかったメジャーな入賞候補の局からも多くコールいただきました。(これだけでも目的達成)
翌日は、再び同じ場所にアンテナを立て、夕方1715から運用開始、1940QRTまで運用しましたが、成果はパッとしませんでした。
今回、102QSOできましたが、入賞ラインには程遠いい結果でした。それでも、ON(JS6RRR)などはKCJAニューが3県増えました。また、DXはHLとロシアとできました。
提出したQSOデータで確認すると、誰もいないと思っていらSNマルチから2局呼ばれたこと、また地元のYGからは、JH4OYD・JA4VNE・JE6CIY/4・JM4MDV・JA4TY局など5局とできました。
【こんな場所です】

DSC_0037
DSC_0038

1月の6エリア移動運用
➀JCC4312上天草市
運用地は、八代海沿岸の旧姫戸町姫戸運動公園です。先ほど登った龍ヶ岳登山口から近く、人目が気にならないことから選定しました。ここは敷地の広さは十分だったのですが、最初張った位置では電線の影響でSWRが高く、再度別の場所に張り替えました。17時過ぎやっと設置できたことで運用開始。コンディションが悪いのか何度CQ出しても全く呼ばれず、応答があっても、頂くレポートも悪いことで1830には早々にQRT。ここでは過去最低の10局余りに止まりました。暗がりの中、アンテナを撤収し、道の駅有明の温泉でゆっくりしました。

②JCC4313宇城市
運用地は、宇土半島先端の三角港です。(以下の画像)なお、三角西港は世界遺産に指定されており島原湾側です。ここは敷地も広くきれいなトイレもあり観光客や釣り客も多いのでアンテナは日暮れ寸前に設置。
ここでもアンテナ張りに苦戦。最初は、金網の影響でSWRが下がらずポイント少し移動し再設置しました。山口市内の局とのQSOを皮切りに、クラスターに上げて頂いたことで、昨日よりは多く呼ばれました。それでも30局程度で19時にはQRT。近くの金桁温泉に行きましたが、なんと19時閉館で入れず。近くで他の温泉を捜し、以前訪れた宇土市あじさいの湯に行き一息つきました。それにしても宇土半島の山越の県道58号は難所続きでした。

③JCC4316合志市
合志市には高い山がなく、GW主体のVUHFではQSOが難しいと思いました。HFなら平地でも大丈夫なので、市内の公園駐車場から10Mを運用しました。ここが珍市かどうかは不明ですが、山口市の局から珍市であると聞き立ち寄りました。そのせいか、2時間程度の運用にもかかわらず、モノバンドで140局もQSOできました。次回はぜひ1.9Mを運用したいと思います。

④JCC4010飯塚市
やはり1月は寒い。当日は雪の舞う寒い一日で、移動運用を躊躇しましたが、せっかくなので短時間でもと、健康の森運動公園のひと気のない駐車場に。メインの駐車場は、ロケが良かったのですが、人が多く気が引けました。そのため、アンテナは南北にしか張れず、信号が弱かったかと思います。クラスターにも上げていただいたお陰で38局とQSOできました。19時前には撤収し温泉は嘉麻市の「なつきの湯」に行きました。ここは310円と格安で23時半まで開館しておりお勧めです。

⑤JCC4011田川市
これまで田川市からは運用したことがなく運用地選びからです。以前、田川市石炭記念館(ここには世界記憶遺産に指定された
山本作兵衛の図画が見れます)に行ったことがあり、その近くの運動公園に行きました。ここは丘陵地に位置し広い駐車場もあります。ただ、気候のいい時期には利用者が多いかと。また、夜間は閉鎖されます。今回は、10Mメインで短時間の運用に留めました。クラスターの威力は格別で、2時間弱の運用でしたがコンディションにも恵まれ94局とできました。

呼んで頂いた局に感謝します。さすがに、1.9Mのフルサイズアンテナの設置場所には苦労しますが、固定では聞こえない局とも多くQSOでき楽しめました。今後も、1.9Mの移動運用を楽しみますのでよろしくお願いいたします。

合志市移動風景
202301天草市合志市 (16)

日没間近の宇城市三角港
202301天草市合志市 (15)

↑このページのトップヘ