jh4ouhのblog

アマチュア無線、山歩きなどを趣味しています。ぜひご意見ください。

タグ:練習用

JCC4017筑後市/JCC4035みやま市/JCC4017大川市移動】
6月7日~6/10日山登りの合間に移動運用しました。
6/9夕方と6/10午前中にはEspで6mも開けたので、スクエアローを設置し運用しました。車の側に、パラソルスタンドを立て、そこに国旗用のポールで3m程度の高さに。Espはやや不安定でしたが、2・3・6・7・8・9・0エリアとQSOできました。モービルホイップでは、Sがほとんど振らない局でも、スクエアローでは55程度で聞こえていました。運用地の海抜は0mでしたが、GWで熊本市、西海市、長崎市、武雄市などが聞こえていました。また、こちらのCQに久留米市、佐賀市、糸島市からもCall頂き、満足できる成果でした。なお、6m以外は、hamワールド誌で頂いた、RHM-10で運用しましたが、それなりに呼ばれました。18Mでは、JD1の移動局がパイルを受けていましたが、1発で応答いただいたのには驚きでした。
イメージ 1
イメージ 2
上はみやま市の道の駅
下は大川市の河川敷



8/4(土)~8/5(日)FDコンテストに参加しました。
毎年、このコンテストは山口県内から144MHZで参加していますが、今年は7月の豪雨の影響で、予定地は通行止めで移動できないため、6エリアに行くことに。6m&downコンテストでは41のマルチができなかったことから、佐賀県からの運用を目指しました。当初の運用地はここも通行止め。仕方なく、過去にコンテストで運用したことがあるJCG41003杵島郡白石町にポイントを変更。ここの標高は330m程度と低山ではあるものの、佐賀平野の夜景は絶景です。電波の方は、標高の割には飛んでいきます。コンテスト開始まで、いつものインチキアンテナ(RHM7350)で18MHZを運用。短時間でしたが、40局程度QSOできました。
さてコンテストですが、開始直後1エリアから応答がありましたが、すぐにフェードアウト。その後はCQを出してもあまり呼ばれませんでしたが、アンテナを少し北東方向に動かしたことで4・5・6エリア各局からコールがあり。33のJA4VNE局はQRPでしたが結構強い信号でした。その後も、弱いESPが発生し7・8エリアともQSO。GWでは、09(4局)・18・19・22・25・27・29などがQSOできました。中でも、18のJK1YMM/2の耳の良さには驚き。8/5(日)は弱いESPで8エリアが聞こえるも、参加局が多くなかったようです。09時を過ぎると猛暑で車の中は熱中症の危険があるため、0930にQRT。撤収後、モービル機で聞いていたら2mFMで8エリアが聞こえていました。430MHZCWでも運用しましたが、4・5・6エリア5局止まりでした。QSO頂いた各局ありがとうございました。
イメージ 1

イメージ 2


↑このページのトップヘ